記事一覧

クラス会は見送り

今年も高校2・3年生時のクラス会は、見送ることにしました。担任の先生が他界された今、幹事に申し訳ないけれど会費一万円を払って日曜日に集まるのは、いささか。東京に戻り、参加しやすくなったと思われているようで、「今年こそ逢えると思ったのに残念」とお世辞にも言って貰える内が “花” だろうとは、思う。

でも、逢いたいなら年イチのその日でなくてもいいわけです。時間とお金の優先順位がちょっと違うんだよね、ごめんね。


以下は、先週見かけた花たち。
《せせらぎ公園》
0CIMG5780ssrg.jpg

1CIMG5709ssrg.jpg

2CIMG5779ssrg.jpg

1CIMG5775ssrg.jpg

5CIMG5787ssrg.jpg

6CIMG5807ssrg.jpg

7CIMG5808ssrg.jpg

8CIMG5813ssrg.jpg
この牡丹は、玉芙蓉という名前。鉢植えです。
9CIMG5791ssrg.jpg
9CIMG5783ssrg.jpg
《洗足池公園》
11CIMG5822snzk.jpg

11CIMG5825snzk.jpg

11CIMG5833snzk.jpg
一週間で随分花の咲きっぷりが変わるものです。
11CIMG5837snzk.jpg

11CIMG5840snzk.jpg

12CIMG5839snzk.jpg
今週末は多摩川の御衣黄桜の “その後” を見に行きたかったけれど、ガソリン切れ(;^_^A。

母を美容院でカットしてもらい、お惣菜を買って帰るつもりでしたが、ご無沙汰している整形外科に連れて行きました。月1回の注射を一月からさぼっていたからです。年末までは一人でバスに乗り、通えていたのですが・・・注射だけのつもりで立ち寄ったら、骨密度の再計測。順番が来るまで一時間近く待たされました。昼食後シャンプーしてあげて、私は自宅に戻りヨガ教室の体験レッスンに参加予定でしたが、キャンセルして昼寝。ほとんど昼寝をしない体質なのですが(苦笑)。

週末は無理せず、楽しくね✌('ω'✌ )三✌('ω'✌ )三✌






スポンサーサイト



コメント

No title

花は素敵です。季節が感じられます。暗くて寒い世界から抜け出たように感じられますね❣
この野鳥カルガモですか❣このような石の間のカルガモ、珍しい背景です。

No title

こんばんは。
せせらぎ公園も春爛漫で、気分転換に公園を散歩するのも良いですね。
アオキは雄株と雌株があり、こちらにもアオキの雌花が咲いていますね。
お母様も子供に付き添ってもらって通院するのは嬉しいと思います。
私も娘と一緒に買い物などに出かけるのは嬉しいです。
でも、あまり労わってくれるとまだそんな年ではないよ。
と、心の中で言ってしまいますが。

スイマー様:

せせらぎ公園は、昭和の時代には遊園地でした。閉園してからはテニスクラブとなり、その後、土地を整備して水と緑に囲まれた公園に生まれ変わりました。ありがとうございます。多摩川が流れるすぐ傍にあり、園内には湧水池が2つあります。それで鴨ちゃんがいるわけです。もし宜しければ過去記事[2019.6.23]をご覧いただけますか?隣駅前でカルガモ親子を発見した記事です(https://busybee2018.blog.fc2.com/blog-entry-140.html)。自然を生かすため、敢えて階段の落ち葉は片づけないので足元注意!との解説版もあるくらい、自然豊か。敷地内には区立図書館や貸室などの拠点施設も。隈研吾氏が設計に関わっているとのことでお洒落で機能的な建造物です。

miyotya様:

そうなんです!アオキの花を発見しました。ありがとうございます。最近皆さんのお陰で雌花、雄花それぞれいろんなところで発見出来て、楽しい春です。先週補聴器調整の後に美容院に連れてゆくつもりが池上へ花見に出かけてしまいました。それで一週間延期しました。2ケ月ぶりにカットしたらすっきりしたようです。妹は母の理美容には無頓着で、昔は自宅で母をカットしては虎刈みたいになったことも。流石に母に嫌がられ、以来放置するようになったので私が連れて行くようになりました。まさに“あまり労わってくれるとまだそんな年ではないよ”だと私も思うので、着替えや入浴時には頼まれない限り、妹のように甲斐甲斐しく手を出すことはせずに母を見守っています。自分で出来る実感は大事だと思うので。

No title

予算一万円のクラス会とはなかなかの…。
僕の中学のクラス会は、5年毎にあるのですが、
前回はコロナ禍の最中で中止となりました。
少し前に同級生と会い、そろそろ二度と会えないかもということが現実問題になる年齢になってきたので、あんまりクラス会は中止にしてほしく無い、という話になりました。

No title

クラス会は、大阪であるので、なかなか参加できずにいます。会費はもうちょっと安くて(5千円くらい?)居酒屋で飲む会ですが、なかなか大阪に帰った時の自由時間が無く。全然行ってません。関東にいる友達とはたまに集まったり、大阪から友達が遊びに来てくれた時に会ったり、みたいなのはあるんですが。
たまにはクラス会行きたいなあ、、と思いつつも。なかなか行けません。お金とか時間の優先順位、というお気持ちはすごくわかります。
整形外科通い。なんとか今のところ母は自分で行ってくれてますが、そのうち行けなくなるのかなあ、、。ちょっと気になります。

No title

GAEI様、こんばんは。
クラス会というよりかは同期会として、鳥取市立南中学校の級友たちとは、鳥取市内のお店に何年か一度は集まっていて、それに誘われる私は幸せ者です(o^_^o)v!!!
コロナも収束して大勢での集会も行いやすくなりましたが、クラス会の類は5年に一度でもいいんじゃないかと思いまちゅ。
ただし日本人男の平均寿命は81歳なので、今年で555歳になる私たちにすれば、既に同級生でも物故者もいるだけに、もう少し頻繁にしてもいいかなぁ♪
私の母親も81歳で、兄(私の叔父さん)も先日亡くなり、同級生も続々他界するなど、知っている同級生も激減しているようですよ~。
骨密度チェックは高齢女性にとっては大切な検査であり、男の私は未だに18歳~20歳の骨年齢であり、これはちょっとした自慢であり、いつまでもこの数値を維持していきたいっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

バニーマン様:

たしかに、“そろそろ二度と逢えないかも”の年齢になってきましたね。ありがとうございます。とはいえ、私は普段なにもやりとりしていない間柄で急逝されても「事実」として受け止め悼む、しか出来ないと思っています。もう少しコミットした間柄なら「逢っておけばよかった」とならずに済むかと。それにしても、予算一万円はなかなかのものでしょう(苦笑)。同級生で一番最初に亡くなったのは50歳でした。彼は卒業後もバンドやっていて私は友達と、或いは一人でもライブに駆け付けた仲でした。お互いに結婚・育児等のライフイベントで疎遠になりましたが、“疎遠”を乗り越えられるかどうかが“同級生”の付き合い方かなと思うこの頃です。

himekagura様:

大阪と東京では行き来がままなりませんね。ありがとうございます。会費一万円は、多分二次会無しのつもりなのでしょうが、もともと二次会は二次会なんですから、、、と言いたくなります(苦笑)。大勢で飲んで騒ぐ金額ではありません。なによりも、“翌日が仕事の日曜日”の開催は、宴会気分になれません。母宅通いもしているし、以前から日曜NGと伝えてありますが、土曜日に仕事の同級生がいるのかもしれませんね。異なる事情を調整する幹事は大変ですが、私の都合がオミットされて日曜設定なら無理して参加する必要はありません。足腰が衰え、認知力が低下した自覚あり、一人外出を躊躇する母を一人で通院させる妹の考え方に私には「?」で、その役割を担おうと思います。通院付き添いも踏まえて車いす購入しました。

matsukento様:

中学時代のクラス会を数年に一度とはいえ開催されているとは、仲よしさん達なのですね。ありがとうございます。私の高校クラスは卒業以来何十年もクラス会を開催していませんでした。ですが、或る時「同窓会」で大勢集まり、他クラスと違うことに気づき、担任の先生がご存命中の間に、年イチ集まろうとなりました。その頃は万障繰り合わせて毎年参加してました。先生が亡くなり、コロナ禍で疎遠になって、久しぶりの開催と捉えることも出来ますが、実は中高たまたま一緒だった同級生とはメールやり取りしてますし、仲の良かった仲間とは年賀状やりとりして、近況を伝えあっています。もっとコミットした間柄でもなかなかお会いできない方たちとの会食に、限られた週末時間を使いたいと思うこの頃です。

No title

>へび注意
都会にもへびはいるのね。公園が大規模だから?
最近は大垣でもあまり見かけなくなり、は虫類嫌いの私は喜んでいます。
ぼたん、いいねぇ♥ あでやか♥♥

フジカ様:

せせらぎ公園あたりは町名でいうと田園調布になります。なので、とっても自然豊かなんですよ。ありがとうございます。私はヘビを見たことないですが、3年前に田園調布警察が大きな蛇を「取得物」として預かったとか。水辺を好むヘビは無毒でおとなしいとも聞きますが、どうでしょう?岐阜公園、金華山は今でもイノシシが出没しますが、このあたりで心配なのは蜂くらいかもしれません。牡丹、素敵ですよね。そうそう、“あでやか”という日本語がぴったりです。濃いピンクや赤系も清楚な薄桃色も白牡丹も存在感が半端ないですよね。私が初めて着物をつくってもらったのは友禅小紋の振袖でした。反物に一目惚れしたのは、牡丹と百合が描かれていたから。娘がいないので譲る相手がおらずワンピースに作り変えました。

No title

こんばんは。
同窓会を主催してくれる旧友がいるとはなんとも羨ましいです。
自分は小・ 中学校は自分がやや引っ越したせいか、お呼びがかかったことが無いです。高校は1回はあったようなのですが、行けていません。大学の同級生たちはわりと全国に散らばっていまして、なかなか集まれません。
学校よりも、予備校での友人の方が付き合いが深いのは、同じ危機感?を持ちつつ過ごしたからかも?なんて今更思ったりします。

母の友人は大腿骨を骨折し、大変な思いをしてますので・・
お母さまもお気をつけください。

kabakaba様:

小・中学校時代のクラス会を開催している人たちもいらっしゃるでしょうね。ありがとうございます。大学ともなるとたしかに地方から集まっているとか、逆に地方に転じてしまったとか、バラバラになっているかもしれませんが、私の場合は東京の下町育ちなので、小・中学校時代の同級生で地元に残っている人は少ないと思います。昨年子どもの頃に同級生が暮らし、よく遊んでいた街を歩いてみましたが、同級生の商店は一軒も残っていませんでした。学校医の先生のところだけはクリニックを継承していると分かりましたが。お母さまのご友人は大腿骨骨折という大きな怪我をされたのですね。母の部屋は足元に荷物がいっぱい積んであるので、いつも片づけるようにしています。

No title

GAEIさんの学校、クラスではクラス会をやっておられるのですね。すごいなあ。
ボクはクラス会、同窓会と名がつくものは小中高大と一度も行ったことがありません。もはや声すらかからなくなりました(笑)。
仲が良い友達とは今でも会うんですが、会みたいなもので高いお金を出して会おうとはおもいません。如何にもつまらなそうだし(笑)。仰るように時間やお金には限りがありますから、優先順位はつけなくちゃ、ですね。

SPYBOY様:

私が高校生の頃は一学年8クラスで、男子生徒は女子の2倍というか女子が男子の半数の構成でした。卒業後15年以上、集まることはありませんでした。ありがとうございます。定期的にクラス会を開催することになったきっかけは「同窓会」で名物教師が亡くなっていて、少なからずショックを受けたから。幸い担任の先生が最年長ながらお元気だったので、ご存命中に逢おうということになり年イチ開催が長く続きました。とうとう先生も亡くなられ、コロナ禍をはさみましたが昨年、今年と幹事は大奮闘。でもねぇ・・・なんです。仰るとおり仲の良い仲間とは連絡とりあってますからね。大勢だと会社の宴会みたいになっちゃいますしね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

BUSYBEE-GAEI

Author:BUSYBEE-GAEI
二拠点生活に終止符🌼ソフトなミニマルライフを満喫中の備忘録🌸

コメント多謝。
お名前欄にもご記入いただけましたら幸いです。