記事一覧

アンズの花となんちゃって潮汁

昨朝のこと。いつも通り起きたのに、なんでもぅ、こんな時間なの??と慌てて飛び出た朝☀。駅に着く直前に「信号スイスイだったから、いつもの電車に乗れるかも」と思いきや、ホームは誰もおらず、出たばかり(-_-;)。で、何時に目的地に着くかな?とスマホで調べて漸く気が付きました。一時間、違う!!いつもより、一時間 “早く” 出てしまいました(;^_^A。オフィス近くのコンビニで新聞買って、トマトジュース飲みながら時間潰し...

続きを読む

観梅遠征は東向島

2月中旬の記録です。城南エリアからは遠~~い!!でも、一度は行ってみようと思い、観梅遠征しました。馬酔木は未だこれからでしたが、梅は丁度よいタイミングでした。「向島百花園」は、江戸時代後期(文政期)に骨董商によって造られた庭園で、“民営の花園”と呼ばれていました。もともとは旗本の元屋敷跡なんだそうです。亀戸にも梅屋敷があるので、こちらは新梅屋敷と呼ばれたとのこと。現在は都が管理しています。中に入ると...

続きを読む

汐留パナ&芝神明

先週の記録です。ちょっとタイトな休日にねじ込んだフリータイム(苦笑)。お昼を食べる暇がなかったので、新橋のアンテナショップで「不知火」のジュースを購入。これ、とっても蜜柑らしくて大好きなんです。交差点の先にパナソニックのミュージアムがあります。先に入館無料の「旧新橋亭 鉄道歴史展示室」へ。私が好きなのは駅弁の「掛け紙」や「土瓶」の展示ですが、この時は鉄道写真家さんの作品展を開催していました。昨年1...

続きを読む

力石と黒餃子

母宅周辺は自転車の交通量が多い。このように棲み分けされているのですが、平日はとんでもない(-_-;)。舗道を当然のように、しかもスピード出して走る姿に遭遇すると、「ぶつからないでね」といつも思います。たまたま歩いていたら鳥居が目に入ったので、お参りを。いつも通らない道を歩くと何かしら発見があるものです。“丸い石” を見~~つけた( ´艸`)。「西町三十メ」 とあります!!FC2のお仲間に力石のことを教えて頂かな...

続きを読む

久しぶりに餃子を作った

記事にするほどのこともない餃子ですが、久しぶりにちゃんと作ってみました。お肉は牛6割、豚4割の合挽肉。野菜は白菜メインで、緑色はニラではなく葱の青い部分を消費。生姜をた~っぷり刻んで、おろし汁も少々加えて、お肉たっぷりながらさっぱり食べられました。下味は、以前より塩分控えめにしています。私は外食でも、酢+胡椒で戴くことが多いのですが、おうちでは調味酢の「カンタン酢」をた~っぷりかけて。醤油を使わな...

続きを読む

漆芸美展から品川へ

今年のお正月休み明けに行ったら未だ閉館中だった、泉屋博古館を再訪。くらしのなかの漆芸美の展示は、今月25日まで。こちらは撮影可の大皿。染付で用いられる青い絵の具「呉須(ごす)」が美しい。還元焼成・酸化焼成いずれにも用いることが出来ますが、還元炎で焼成すると鮮やかなブルーに仕上がるのだと、(二拠点生活時代に)美濃焼を通じてお勉強させていただきました。こちらのお部屋だけ撮影可。こんな素敵な蒔絵のお弁当...

続きを読む

伝統文化交流館へ

某日、田町駅の海側へ。いつの間にかとても綺麗になってました。モノレールの風景、大好き。船溜まりには屋形船や釣り船が係留されています。芝浦公園は2016年にリニューアル。区と民間企業による公民連携で、このように綺麗に生まれ変わりました。ドッグランまであるとはびっくり。港区はお金持ちの区だけあって施設も充実。森永製菓芝浦ビルは建替えでしたね。どんどん再開発が進むなかで、アンティークな建物も。この日の目的は...

続きを読む

多摩川下流から目黒碑文谷へ

某日、多摩川下流からてくてくお散歩。空気が澄んで、向こうの山々がよく見えました。矢口に向かうと、諏訪神社。承和年間(834~848)創建とのこと。信濃の諏訪大社のご分霊をお祀りしています。立派なご神木。力石は見当たらず。矢口渡駅から東急多摩川線に乗車。多摩川駅で目黒線に乗り換えて、武蔵小山駅から林試森公園へ。隣接する旧公務員住宅が解体され、すっかり更地のごとく。ここには区の施設が建つ予定です。春の気配を...

続きを読む

鱈だのシラスだのツナだの

週末、行きたかったのよね~これ。鱈は好きではないけれど、「どんがら汁」って名前からして美味しそう。とはいえ、船堀(江戸川区)は遠いので、見送りました。でも、鱈が脳裏から離れません。以前目にしたレシピを取り出し・・・アホアリエロ??検索したら、「アホアリエロ」とは、ピーマン、トマト、ニンニクを使った鱈の煮込み料理のこと。実家では、干し鱈をよく使ってましたが、今あたらめて買ってみようと思ったら、なかな...

続きを読む

映画:「サン・セバスチャンへようこそ」&「ある閉ざされた雪の山荘で」

某日、仕事帰りに日比谷へ。スケジュール的には月曜か火曜日に観たかったのですが、生憎の雪。それでやむなく日程をずらしました。腹ごしらえはガード下で美味しい焼きそばの予定でしたが、既に店じまいしていたようで、入り易い中華で味噌ラーメンを食しました。【サン・セバスチャンへようこそ】ドストエフスキーの大作のような小説を目指して執筆中のモートは元大学教授。映画学を教えていましたが、今はなかなか筆が進まない。...

続きを読む

プロフィール

BUSYBEE-GAEI

Author:BUSYBEE-GAEI
二拠点生活に終止符🌼ソフトなミニマルライフを満喫中の備忘録🌸

コメント多謝。
お名前欄にもご記入いただけましたら幸いです。