記事一覧

東海たび:大須観音

某日、大須観音へ。霊験あらたかな慈悲深い観音様は、もと尾張国長岡庄(岐阜県羽島市)に在り、信長も寄進したとか。徳川家康の時代に今の場所に移ったそうです。真言宗のお寺さんですが、参拝客の多くが神社と勘違いして、二拝二拍一礼してました。アーケードが縦横に延びるサブカルな大須商店街を抜けると・・・信長伝説の万松寺。なごや七福神のひとつでもあります。織田家の菩提寺で、寺内には「古事記」の最古写本があるとの...

続きを読む

1月の和菓子

お土産に購入しても理性が働き、自分ではあまり食べなかったスイーツを、このところ普通に戴くようになっている。抗アレルギー薬のせいばかりにできないけれど、食欲は半年前に比べて明らかに増進しています💦和菓子の備忘録。先日の京都のお土産です。金粉も乗っていて、宝石箱みたい(*^-^*)中身詳細はこちら。羊羹部分は甘さ控えめ、リピ買いしたい。某日、久しぶりに高速バスで移動したときのこと。足柄SAにて購入。安倍かわ餅...

続きを読む

カーブス100歳会員 他

【97歳の手習い】なんとカーブスの会員さんの最高齢者は「100歳」だそうです。カーブスの運動を「97歳」」から始め、3年経ったところで認知症も含め体調がよくなったとのこと。いつからでも年相応の運動は始められるという証明ですね。【薬膳スイーツ】雑誌に「おうち薬膳」メニューが幾つか載っていたので、ひとつだけ試してみました。りんご1個に、無糖のきな粉を大匙4杯。きな粉で覆われるから、変色することなく冷蔵...

続きを読む

浜離宮の菜の花畑

土曜日は汐留へ。浜離宮恩賜庭園は、将軍家の鷹狩り場でした。ビルを入れずに撮るのは難しいです💦梅もちらほらと。ロウバイも愛らしい。数日の間に、春から冬に逆戻り。...

続きを読む

キャッツとT.S.エリオット

予告編を観て、猫のタイツ姿についてゆけるか微妙・・・と思っていたところ、観たい映画の上映時間を間違えて足を運んでしまったので、仕方なく『キャッツ』を観ました。映画館のポイントが貯まり、1回無料で観られる機会だったこともあり。原作は、シェイクスピアとともにウェストミンスター寺院に眠る、英国の大詩人T.S.エリオットの『キャッツ』です。映画のなかにも出て来る、“ジェリクル”とはエリオットの造語で、意味すると...

続きを読む

西たび:本能寺~新京極

「本能寺の変」の舞台となった場所は現在の本能寺とは異なります。建立以来5度の火災に遭ったことから、「ヒ」を避け、「ヒ」が去るようにと「能」の文字が改められています。地下鉄の「京都市役所前」駅から地上に出てすぐの商店街のなかに位置する本能寺は、法華宗のお寺さんです。正面には日蓮聖人の像が。これは本能寺の変より昔から在ったというから、信長公も拝んだかもしれません。供養塔の下には、信長が使用していた刀が...

続きを読む

西たび:湯立神楽

代休の20日、京都の城南宮というところで、「湯立神楽」があると知り、出かけてみました。京都駅から地下鉄もしくは近鉄で、「竹田駅」下車。歩いて15分ほどのところにある城南宮は、平安遷都の際に建てられた「方除」の大社です。神苑では、曲水の宴が行われるそうです。今回の「湯立神楽」は、たすき掛けの巫女が、大釜の湯を笹の葉で勢いよく散らして邪気を祓い、無病息災、願望成就を祈願します。この釜は、なんと文政6年...

続きを読む

コメディ時代劇が好き

秋から年末にかけて観た映画は、『カメジロー不屈の生涯』、『蜜蜂と遠雷』、『ガンジー島の読書会の秘密』、『ターミネーター』、『屍人荘の殺人事件』、『パリに見出されたピアニスト』など。『遠雷』は、2017年の2017年本屋大賞の作品でした。仕事の疲れ解消は、コメディ時代劇に限ります!(^^)! 『猫侍』、『殿!利息でござる!』や『超 高速参勤交代』などは又観たい。今回は、『殿!』と同じ監督さんの、『決算!忠臣蔵』を観...

続きを読む

花壇の草花

朽ちてゆく花のけなげさに共感するのは我が身を重ねてか?この花もかつては美しく輝いていたことでしょう。椿のような生き方、桜のような生き方もありますが、凡人の多くはゆっくりと時間をかけて色褪せてゆくものではないかしら。白金の児童遊園の花壇は、地域のボランティアさん達が手入れなさっているようで、いつ通っても何かしら可愛い花が咲いています。緊張度の高い仕事だった日は、スポーツジムの温泉でまったり過ごしてリ...

続きを読む

久しぶりの庭園美術館

既に終わっていますが、備忘録を。旧朝香宮邸の庭園美術館を久しぶりに再訪。安井曾太郎の『金蓉』に描かれたチャイナドレスの婦人は飽かず眺めました。肘掛椅子に座った、青いチャイナドレスの美女です。中国陶磁器、李朝白磁など、朝鮮半島や中国から輸入された作品に触れた工芸家たちは、アジアの息吹から閃きを得て、感性と才能が花開いたそうです。朝香宮家は久邇宮朝彦親王の第8王子が創立した宮家です。アール・デコ様式の...

続きを読む

プロフィール

BUSYBEE-GAEI

Author:BUSYBEE-GAEI
二拠点生活に終止符🌼ソフトなミニマルライフを満喫中の備忘録🌸

コメント多謝。
お名前欄にもご記入いただけましたら幸いです。