FC2ブログ

母の誕生日は赤坂へ

松の内が関東と関西では異なることも知らず、したがって、鏡開きは1月11日とは限らず、15日もしくは20日にする地域もあると今頃知りました。今月は母の誕生日。七草粥に鏡開きと、正月の行事を次々こなし、布団の上げ下ろしも一人で出来ている母は、耳は遠いけど内臓は元気。子ども孝行なこと。結婚が25歳で、第一子(兄)を出産したのが30代だから、同世代では晩婚・晩産だったわけですが、そのせいか今も頭の回転はすこぶる若い。スーパーで会計する時は暗算して概算額を財布から出して待機しているし、『源氏物語』の与謝野晶子訳と円地文子訳の違いを説明できます。

今年は母の誕生日に振休を取れたので、久しぶりにお散歩ランチに誘ってみました。元気とはいえ、外出できそうか、出かける気分になるかどうかは朝の調子次第なので、前もってお店を予約することが出来ません。とりあえず、新しくなった虎屋に連れてゆきたかったので、赤坂でご飯することにしました。
0.jpg
その日の「鼻」に任せて、サラリーマンが通う店でランチするのが、母の楽しみの一つです。

カウンターで揚げたての天ぷら定食を。店内、ごま油の香り芳し。
写真は、私が注文した穴子天ぷらです。味噌汁はしじみでした。
0-KIMG2904.jpg
丁度13時でしたが、次々とサラリーマンが入ってきます。一番人気は天丼でした。
【追記】店を出てから気づいたのですが、この先の「おこげ」という割烹のランチが有名なので、今度はそちらに行きたいと思います。

食後の散歩は、豊川稲荷。
1-CIMG4580.jpg
母の叔母が赤坂に暮らしていたので、子どもの頃は虎屋のお土産がやってくるのが大きな楽しみだったと、想い出話が始まりました。私たちが物心つく前に亡くなられたので、大叔母を私は知りません。
2-CIMG4584.jpg
こじんまりとした東京別院が、母にとっては心落ち着く場所の一つのようです。
3-CIMG4585.jpg
芸の神様、弁財天に手を合わせる人多し。
ここには芸能人もたくさんお詣りに来るらしいですが、私は著名人に遭遇したことはありません。
4.jpg
亥に乗る摩利支天のご利益は、勝利と財福。
4-CIMG4587.jpg
境内の隅には茶店が三軒。
向かって左から、菊屋さん、美吉さん、家元屋さんというらしい。以前家元屋さんでお稲荷さんを買ったから今度は違う店で・・・と思ったら、菊屋さんでは「稲荷やってません」の張り紙が。それで真ん中の美吉さんで残っていた1個を購入。
5-CIMG4588.jpg
ここはカオス。お守りや根付と一緒に稲荷寿司が陳列されています。
各店に共通な単語は、「雑然」でしょうか。およそ赤坂のイメージと異なる混沌とした味わいある佇まい。

昨年リニューアルした赤坂虎屋。
6-CIMG4589.jpg
設計は、内藤廣という建築家で、落ち着きのある低層建築です。地下にはギャラリーがあるのですが、生憎、展示入替で見る事叶わず。3階のカフェは空いているとはいえ、順番待ち。
母は今月の棹ものとお抹茶のセットを。
6-KIMG2907.jpg
私はせっかくなので、関西風のお雑煮を。
6-KIMG2908.jpg
甘い白みそ仕立てのお雑煮を、初めて戴きました。


お土産は、お正月に伊勢丹で買った生菓子アソートと、赤坂店限定の「残月」と、夜の梅(小倉)と新緑(抹茶)のミニ羊羹。豆大福は、赤坂見附駅近くの岡埜榮泉にて購入。
7-CIMG4593.jpg
迎えに行って、一緒にお出かけし、送り届けると一日がかり。でも、卒寿になる母とあと何回一緒にお散歩ランチできるか分からないので、一回一回を大切にしたいと思いました。



スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

お母様のお誕生日、おめでとうございます。お元気そうで何よりです。ご一緒に赤坂でランチ、お母様はお喜びだったでしょうね。
赤坂の虎屋さん、店舗が新しくなったんですよね。まだ行ってません。行ってみたいなあ、、って思ってはいるのですが。
白味噌のお雑煮も、虎屋さんのは上品で美味しそうですね。

Re: No title

himekagura様:
久しぶりに一緒にお散歩ランチが出来ました。ありがとうございます。虎屋の粟善哉が好きだったのですが、メニューから消えていて残念。白味噌仕立てのお雑煮は、お芋がとっても美味しかったです。ランチ直後でしたが、写真を見たら食べてみたくなり、選択して正解。でもお餅が2個だったので、夜までお腹はイッパイでした(笑)

No title

こんにちは。
お母さまとのお出かけ、素敵ですね。
自分は関東出身ですが、雑煮は白味噌のほうが好きです。東京の「とらや」のリニューアルは既に終わっていたんですね。気がつきませんでした・・。京都御所の近くにある「とらや」は、時間帯にもよるのかもしれませんが、あまり混んでいなかったような。

No title

赤坂の虎屋、白味噌の雑煮なんかあるのですね。
やっぱり京都の出だからでしょうか。一度食べて見たいと思ったので良いことを教えて頂きました。
ああいう老舗は自分の代で潰すわけにはいかないから新しいことをやらなければいけないし、かと言って伝統を守らなければいけないし大変だと思います。

No title

GAEI様、こんにちは。
松の内の時期って、地方によって違うようですが、改めてお母様のお誕生日、おめでとうございます(o^_^o)v!!!
お母様もお元気で、赤坂でランチとは、元祖スーパーアーバンレディーですよ~。
豊川稲荷の分院が赤坂にあるのは、以前テレビで観た気がしまちゅ。
お稲荷様=稲荷寿司ですが、JR東海飯田線の豊川駅には、すでに駅弁は販売されていなく、代わりに豊橋駅では様々な稲荷寿司が売られているみたいです♪
豊橋駅では稲荷寿司だけでも「ちくわ稲荷寿し」(←さすが豊橋市は竹輪の半場だけのことはあります!)、「三色稲荷」「稲荷詣で」「稲荷寿し」「助六寿司」と、種類が結構あるのって、日本の駅でもここだけだと思うっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

Re: No title

kabakaba様:
あの味噌屋さんの近くのとらやですよね。休日でも余り混んでないなら京都再訪の折に立ち寄ってみたいです。情報、ありがとうございます。甘い白味噌は美味しいですよね。1月半ばということで、多くの方がお雑煮かお汁粉を召し上がってました。

No title

こんばんは。
最高のお母さん孝行が出来ましたね。
それにしてもてきぱきと仕事をこなす
素晴らしいお母さんですね。
東京は美味しい物がふんだんにあり、見学ヶ所もいっぱいあって、あっという間に時間が過ぎて行きそう。
良いお話をありがとうございました。

Re: No title

SPYBOY様:
こちらのお店にご興味もって戴き、有難うございます。初めて戴きましたが、白味噌のお雑煮はお勧めです。目の前の杜の緑と、館内の木のぬくもりが、ゆったりした時間をもたらしてくれます。客層が良いので(笑)隣席のお喋りも気になりません。グローバル企業ながら出自は京都です的な矜持を感じます。

Re: No title

matsukento様:
江戸っ子らしい一面を母のなかに垣間見る機会が、近年増えてきたように思います。元祖スーパーアーバンレディーとは、有難うございます。母は好奇心旺盛なちびまるこで、私は「母親似」なんだと痛感。というのも、かつて植物散策の会では皆がぐずぐずしていると、自分が食べたい店で一人ランチしたりしていたそうです。豊橋駅では美味しい物が買えますよね。いいところです。豊川稲荷にも行かなくちゃ💦

Re: No title

miyotya様:
miyotya様とお嬢様のような関係は素敵ですよね。いつも有難うございます。母は、父が現役時代には随分父を立てていたんだなぁと思いました。14歳離れていた母を、私たちの前で子ども扱いし、「ママは頭が悪いから」とよく言ってました。でも、あんな個性的な父親は、母が女房でなければまともに仕事が出来なかっただろうと思うこの頃です。

No title

こんばんは~。
お母さまお誕生日おめでとうございます。✨
一緒にお出かけは何よりの親孝行だと思います。
天ぷらを召し上がられるとはお母さまお元気ですね。(*^-^*)
私は東京のはずれに住んでいるのですが、虎屋さんにはまだ行ったことがありません。
とてもモダンなお店で素敵ですね♪
機会があればぜひ一度行ってみたいと思います。

あたたかなコメントありがとうございます。(^-^)

Re: No title

うに子様:
お散歩ランチをご覧いただき、有難うございます。うに子様も気温差の大きいところの移動でお疲れさまでした。うちの母の胃袋は本当に丈夫ですが、歯がいけません。入歯が合わず食べられない時は本当に悲しそうでした。亡父の最期のリクエストが「コロッケ」だったので、母はどうかな?私はどうかな?なんて思うこの頃です。
うに子様のブログ、また立ち寄らせて頂きますね(*^-^*)

No title

お母様のお誕生日おめでとうございます。
おふたりでゆっくりと素敵な時間をお過ごしですね♪
お守りと並んだ味が染みてそうなお稲荷さんも魅力的です^^

Re: No title

hanamizuki様:
有難うございます。私たち子どもを煩わせることなく長生きしてくれて、本当に子ども孝行な母です。胃袋はだいぶ小さくなってきましたが、今もグローバルな味から老舗の味までなんでもOKです。hanamizuki様もお母様とのランチデート、重ねていってくださいね。今回のお稲荷さんは、見るからに甘じょっぱい東京の味でしたね。
プロフィール

BUSYBEE-G

Author:BUSYBEE-G
好奇心にまかせてあっちへこっちへ(^^♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR