FC2ブログ

モザイクタイルミュージアム

以前から行きたいと思っていた、多治見のモザイクタイルミュージアムへ、青春18切符でお出かけ。
1-CIMG4438
概観だけで既にわくわく(*^-^*)
1-CIMG4442
近づいてみると・・・
2^CIMG4439

3-CIMG4440

4-CIMG4441
先ずは階段で上へ。
5-CIMG4445
ここで、うぉ~。
6-CIMG4447
老朽化した建築物と共に廃棄されてしまうタイルたち。こちらは、多治見市のタイル産業を理解するに役立つ、アーカイブ的な存在です。
7-CIMG4489.jpg
以下、写真多し。
8-CIMG4448

9-CIMG4449

10-CIMG4450.jpg

11-CIMG4451.jpg

12-CIMG4452.jpg

13-CIMG4455.jpg

14-CIMG4458.jpg

15-CIMG4459.jpg

16-CIMG4462.jpg

17-CIMG4463.jpg

18-CIMG4465.jpg

19-CIMG4468.jpg

20-CIMG4470.jpg

21-CIMG4472.jpg

22-CIMG4475.jpg

23-CIMG4476.jpg

24-CIMG4481.jpg

25-CIMG4484.jpg

30-CIMG4493.jpg

31-CIMG4494.jpg

32-CIMG4498.jpg

33-CIMG4499.jpg

34-CIMG4501.jpg

35-CIMG4503.jpg

36-CIMG4506.jpg

38-CIMG4521.jpg

39-CIMG4523.jpg

40-CIMG4532.jpg

41-CIMG4539.jpg

42-CIMG4543.jpg

42-CIMG4552.jpg
お昼は駅の近くで。
42-CIMG4556.jpg
混んでいたので、ランチ鰻丼を諦め、まぐろ丼に。
43-CIMG4554.jpg
ご馳走様でした。


あれこれ眺めていたら、常滑にも行ってみたくなりました。
INAXの、装飾タイルのミュージアムがあるのです(^^♪




スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

今年もよろしくお願いします。

多治見にこんなところがっ!すごいですね~。
興味が沸いてきました。
いつも思うんですが写真がスゴクきれいですね。

No title

こんにちは。
便器や浴槽のタイル仕上げ、昔見たことがあります。
今や芸術の域に進化しましたね。
GAEIさんのブログ、どんな珍しい風景が飛び出してくるか、楽しみです。
体調に留意されてお仕事に励んでくださいね。

No title

こんにちは。
自分も行きました!4階は寒くなかったですか?
多治見というのは駅は立派なんですが、びっくりするほど周りは寂しい感じですよね・・。
自分も常滑に行きたいものです。
本年もよろしくお願いいたします。

No title

珍しい光景ありがとうございます。愛知の方はノリタケなど窯業、それもINAXなど超大企業まであるのは不思議です。土が良いと言う理由だけではないと思いますし、何か秘密がありそうです。

Re: No title

ぶんぶんっち様:
こちらこそ宜しくお願い致します。軽快なぶんぶんっち様のブログを楽しませて頂いてます(*^-^*) 写真、有難うございます。デジカメの性能が良いので私でもそこそこ写せるかなぁ・・って感じです。

Re: No title

miyotya様:
タイル、懐かしいですか?有難うございます。日常の道具が「芸術」に昇華してゆくところが素晴らしいなぁと思います。銭湯好きの私は、タイルは見飽きることがありません。

Re: No title

SPYBOY様:
産業に注目して下さり有難うございます。名古屋発展のきっかけは、大正時代の、大阪資本による名古屋港周辺への投資だとか。
また、石炭業の斜陽化、北九州の炭鉱閉山によって生じた余剰人口を受け入れたことは、昭和時代の発展に寄与したと思われます。昭和31年当時の報告書で、従業員2千人以上の工場が、名古屋にはありましたから。製陶業は仰るとおり「土」がかなり良質で、為政者により庇護された歴史もありますが、なんといっても「港」のお陰で、明治期には海外市場との取引が活発になり、輸出および工業原材料部門の占める割合がダントツ多かったそうです。

kabakaba様:
書いたつもりのコメ返が消えてました。失礼しましたm(。_。)m
かば様の記事、覚えてます。いつも旅日記、楽しく拝見。こちらは藤森先生らしい建物だと思いました。すこーをんと空に抜ける最上階は気持ち良かったです。

No title

GAEI様、こんばんは。
多治見に「モザイクタイルミュージアム」と言うのがあり、タイルの町とは知りませんでしたが、岐阜県なら土岐市、愛知県なら瀬戸市はもちろん、常滑市も焼き物が有名ですもんね(o^_^o)v!!!
ただし中部国際空港セントレアのトイレは、地元INAXではなく、北九州市のTOTOのを使っているようで、その点は不思議でちゅ。
タイルの浴槽、とても懐かしく、ユニットバスが普通の現在と比べて、斬新な気がします♪
まぐろ丼、小鉢もたくさんあって、私も家でマグロのぶつ切りを純子ちゃんが買ってきたら、丼にご飯を盛って、マグロと生卵を乗せて、ポン酢をかけて混ぜ混ぜするのが、私の食べ方ですよ~。
海鮮丼の類って、四方を海に囲まれた海洋国である、日本ならではの簡便かつ華やかなお料理だと思うっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

No title

すごい所があるのですね。トイレのタイルと陶器のはき物は懐かしく、田舎の香りが漂ってきそうです。どこかの旅館で出会えたら嬉しいですね。
常滑のミュージアムもぜひご報告ください。

No title

素敵な写真をたくさん、ありがとうございました!興味深く拝見しました。
タイル張りのお風呂、銭湯なんかにあったなあ、、って懐かしく思い出しました。

No title

ミュージアムの外観が斬新で素晴らしいですね、こんなの見たことない!
陶石を採掘する山を彷彿させるのか…想像を膨らませながらわくわくしますね♪
昔々のタイルのほうがポップでモダンで温かく感じます(*^_^*)

こんにちは。
トイレが出てきた時に『!!』っと
心が動いてしまいました(笑)
芸術ですね、味がある昔の浴槽、トイレの方が断然良い…
行ってみたいです。
…タイルを並べるのが楽しそう(*゚-゚)

No title

そう言えば、これらのタイル、あらゆる場所で活躍してましたね。
いやぁ、懐かしい。浴槽から上がった時の足の裏のひやっとした
感覚を思いだしました。

Re: No title

matsukento様:
コメ返が遅くなり失礼しました。セントレアのトイレ情報、ありがとうございます。また機会があればチェックしてみたいと思います(笑)和食は丼ぶりものでも美しいですし、手軽に食べられる知恵ですよね。

Re: No title

solachi様:
こんな立派な柄のタイルのトイレ、私はリアルには見たことがなかったです。懐かしく感じてくださり、有難うございます。私は今も銭湯に一人で行っちゃうことが多いので、タイル画を眺めるのが好きです。いつか常滑にも行ってみたいです。

Re: No title

himekagura様:
今も下町では風情ある銭湯が多いと思います。有難うございます。マラソンランナーやバイクに乗る人たちのために銭湯も使い易くなっていますね。平日休みが多いのですが、銀座は日曜定休が多く、中央区の銭湯には未だ足を運べていません。

Re: No title

hanamizuki様:
バスを降りた途端、小躍りするくらいミュージアムの概観に感動しました。ワクワクして下さり有難うございます。小さなタイルをはめ込んで工作してみたくなるひいとときでした。

Re: タイトルなし

りあ様:
トイレに共感して戴き、有難うございました。道具がアートになっていますよね。特にトイレのこの柄のゴージャスなこと!不器用な私でも、木のテーブルにタイルを敷き詰めたくなりました(^^♪ 夏に揖斐のほうに行かれたら是非足を伸ばして(=夏は暑そう!)いらしてみてください。

Re: No title

Numapy様:
タイルでひやっと体験、そうですね~有難うございます。たまに立ち寄る横浜のスパでは、塩サウナの部屋が細かいタイルを敷き詰めてあり、サウナでほてった体には丁度よいです(*^-^*)
プロフィール

BUSYBEE-G

Author:BUSYBEE-G
好奇心にまかせて花から花へ🌻🌹🌸

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR