FC2ブログ

厦門は高い建物が多い

華僑のふるさと、福建省の厦門(アモイ)は北緯24度。沖縄の与那国島あたりと同じですから、日本の4月くらいの陽気で暖かかったです。明の時代に厦門城が築かれ、その後、東南アジア貿易の拠点として繁栄。台湾にも近く、茶葉の積出港として知られています。

食べ物の写真が続き、すみませんm(__)m
朝食は多種多様で、麺類も饅頭も豊富。朝から肉系たっぷり、生野菜、フルーツも大盛りでしたが、私はあまり選べませんでした。
1-CIMG3277.jpg
キノコのような形のお饅頭の中はこんな感じ。隣はマンゴー饅です。
2-CIMG3281.jpg
とにかく高い建物が多いです。
3-CIMG3284.jpg
建築技術は日本から移転したのでしょうか・・・。
4-CIMG3328.jpg
昼食は近くのホテルにて。
5-CIMG3330.jpg
バイキングです。多種多様なお皿が並びました。
5-CIMG3335ランチ
お魚が美味しかったです。
この際、体重増加は気にせず、どんな料理か貪欲にチャレンジ。

こちらはアパートではなく、大学の校舎です。
6-CIMG3336.jpg
建築物に目がいきました。

夕食は、大勢で、賑やかに。基本的に「宴会」は苦手。
でも、知らない人が多い場合には、とにかく珍しい料理に手を出し、食べ物の話をしていれば無難に時間は過ぎてゆきます。
7-CIMG3440.jpg

8-CIMG3443.jpg

9-CIMG3453.jpg
緑色の炒飯は、「海苔」でした。細長くぱさぱさしたお米なので、これは本当に美味しかったです。
夜の炭水化物は危険ですが、理性をなくした私は一人でぱくぱく。
10-CIMG3458.jpg
澄んだスープは、私には肉の出汁が十分過ぎるくらいでしたが、ご年配の方たちには好評でした。
11-CIMG3459.jpg
八角が強い料理が多く、私はブロッコリーでひと心地。
12-CIMG3462.jpg
海老は文句なく美味しい(^^♪
13-CIMG3464.jpg
蟹は甲羅だけ(笑)で、台湾の方から日本語で「日本では、小さな蟹を何て言いますか?」と質問され、「ワタリガニ」と答えました。合ってますか??
14-CIMG3465.jpg
皆、ホテルに帰ってから、部屋で飲み直し。空港で買ったビールと、日本から持参したカップラーメンで。私は水だけにしておきました。
翌朝、賑やかな太鼓がお見送り。
15-CIMG3470.jpg
仲間はもう1泊するので、泉州へ観光に出かけましたが、私と若い衆は日曜日の内に成田に戻りたかったので、3時間だけ寄り道を。街は中国車が多いですが、BMWもよく見かけました。タクシーはガソリンと電気とで、車の色が違います。道の両側に欧風の建物が立ち並ぶところでは、夜は人出が多く賑わうそうです。
16-CIMG3475.jpg
日本語のわかるタクシーは3時間で300元。
17-CIMG3483.jpg
橋をわたり、立派なお寺に。
18-CIMG3488.jpg
禅宗らしいのですが、北部と異なり南部のお寺は色鮮やか。
御利益を求める者のとる行動は、いずこも同じ。
19-CIMG3492.jpg

20-CIMG3496.jpg

21-CIMG3497.jpg
こちらの木は、菩提樹。
22-CIMG3498菩提樹
屋根の反り方も、宗派というより南北の個性の違いらしいです。
23-CIMG3504.jpg
この日は高僧がいらっしゃるとかで、行った途端、ロープが張られ一時進入禁止に。
23-CIMG3509.jpg

24-CIMG3513.jpg

25-CIMG3514.jpg

26-CIMG3517.jpg
空が美しい日でした。
同行者は半袖一枚になりましたが、私は荷物になるので、我慢して厚着のまま💦
27-CIMG3520.jpg
刺繍が綺麗です。
28-CIMG3526.jpg
日本のお寺はもっと静かですが、こちらは観光地ですね。
お土産店もありました。中の様子はあらためて。



スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

宴会料理の豪華なこと!なるほど珍しくて解説してたら時間が過ぎますね(笑)
遠くに見えるツインタワーがまるでドバイか?!ってくらい。想像以上に大都会でびっくりです。

No title

貴重なお話ありがとうございます。
アモイは行ったことないですが、今 中国は内陸の田舎までボコボコ高層ビルが建ってますね。ハイテク技術も含めて完全に追い越されていると思います。ただ耐震はしてないと現地の人が言ってました(笑)
あ、食べ物は中華も含めて日本の方が美味しい(笑)でもスープ類、炒め物はあちらのものも超美味しいですよね。

No title

GAEI様、こんばんは。
中国はロシアと比べたら面積は全然狭いですが、北と南では気候が違うだけに、モンゴル自治区に行ったら、凍える寒さでしょう(o^_^o)v!!!
ヨーロッパでも、北欧はもちろん、ドイツは8月中旬ですでに寒いのに、地中海気候のイタリアは、暑かったです♪
キノコと思ったら饅頭だったとは、これまた面白いです。
中国なら香港に近い広州も、田舎町だったとのことですが、今では超高層ビルが林立する大都会になってますが、私は中国に行ったことがないので、よく分からないとこも多いでちゅ。
私が岐阜県可児市で仕事(勤務先はあのKYB!)で住んでいた時、寮の近所の居酒屋「太閤」さんと言う居酒屋があって(現在は閉店)、そこには「可児の唐揚げ」という、ワタリガニの唐揚げがあったのですが、「可児」と「カニ」を引っ掛けるのが、面白かったですよ~。
私もこれからが旬のズワイガニ(松葉ガニ)が名産の鳥取県人ですが、中国なら上海ガニを食べてみたいっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

Re: No title

hanamizuki様:
旅慣れたはなみずき様はいろんなところをチェックして下さいますね。ありがとうございます。一世代の前の人達は無難な会話は天気を話題にしますが、それじゃすぐ終わっちゃう。でも料理や食材は、いろんな切り口から話題が広がるので、案外楽しいものだなと思うこの頃です。ツインタワーも印象的ですね。

Re: No title

SPYBOY様:
いつも諸外国事情をご教示くださり、ありがとうございます。日本の“赤と黄色の看板の店”では、日本人の口にあわせてアレンジされていることが多く、安心ですね。私はやっぱり国内派です。和食に限らず美味しいのは、繊細な日本人の舌センサーにあわせた、素材の生かし方が上手なのだと思います。アジアの発展ぶりは、日本の高度経済成長期以上だと耳にしてましたが、直接眺めると本当にびっくりです。

Re: No title

matsukento様:
海外の気候、食事情をありがとうございます。海外に行きたいと思うことがほとんどなく、関心が低い私ですが、とりあえずご縁を戴いた地のことは調べるようになりました。キノコのようなお饅頭はまぁまぁでしたが、肉料理は厳しかったですね。魚介類はさすがに美味しいと思いました。可児には行ったことがないのです。東海エリアで働いている間に一度は行かなくては!これから蟹の季節ですね。美味しい物、召し上がってください。

またまた珍しい料理の数々。
理性をなくしてパクパク。つい笑ってしまいましたよ。海老は文句なしに美味しくて良かったです。

Re: タイトルなし

kotoniko様:
状況をイメージして下さり、有難うございます(^^♪ 基本的に好き嫌いはないのですが、味付けや香りが日本で食べる中華とは異なるので、チャレンジした結果、「んーーー」が多かったです。もう少し散策できたらよかったのですが、想像を超える近代化を実感することはできました。最後に空港に隣接するデザインミュージアムには立ち寄れました。

No title

美味しそうな写真がいっぱい。目で楽しめます。お食事の写真がたくさんは嬉しいです。
エビも蟹も美味しそうですね。

Re: No title

himekagura様:
お料理上手でいらっしゃるから楽しんでいただき、嬉しいです。舌が「日本人としての中華」に慣れているので、素材を生かした料理は口にあいますが、なかなか難しいですね。盛り付けなど参考になるので、宴会料理は眺めていて楽しいです。炒飯は意外な美味しさで止まりませんでした。建造物に圧倒され、寺の賑やかさに圧倒されましたが、日本の初詣はその比ではないので、お互い様なのでしょうね。
プロフィール

BUSYBEE-G

Author:BUSYBEE-G
好奇心にまかせて飛び回っています(^^♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR