FC2ブログ

10月ちひろ展&11月童話の世界

10月某日、ちひろ美術館へ。
1-CIMG2725.jpg

2-CIMG2738.jpg
童心にかえって、“遊ぶ”をしてみました。
(一部、撮影可)
3-CIMG2727.jpg
あれこれ触ってみると、音楽と共に淡い色が次々に浮かび上がります。
4-CIMG2728.jpg
別のフロアでは、鑑賞する私たちの姿が、、、
5-CIMG2732.jpg

6-CIMG2733.jpg
参加型は大人でも楽しい。
7-CIMG2735.jpg

8-CIMG2729.jpg

9-CIMG2730.jpg
懐かしい「窓ぎわのトットちゃん」の絵もありました。
京都ではこちら、開催中。
11-CIMG2736.jpg
この日の雲、仲良しが手をつないでいるように見えた(*^-^*)
12-CIMG2740雲
反対側の空を見上げたら、雲がどんどん天空に吸い込まれていくように見えた。
13-CIMG2742雲



11月某日、吉祥寺にて。
14-CIMG2826.jpg

14j-CIMG2817.jpg
サンロードは、中野にも似た商店街。
15j-CIMG2819.jpg
ちょっと気になるカフェ。
いつか行ってみたい。
16j-CIMG2820.jpg
この日目指したのは、絵本の世界。
17-CIMG2824.jpg
柿本幸造の名前は知らなくても、学研や世界文化社の『ワンダーブック』などで、この世界観は多くの人の記憶にあるのでは?
18-CIMG2821.jpg
ロビーは撮影可です。
19-CIMG2823.jpg
動物を通して幼児に語り掛ける、優しいまなざしを想い出しました。

吉祥寺のイベント紹介。
金曜の夜ですので、お好きな方はどうぞ。
20-CIMG282すずえ


この週末は家を片づけ、実家詣でしながらも、あちこち楽しくお出かけ。お土産その1は、名古屋駅にて伊勢の「赤福」を。
21赤福
こし餡好きな私にはたまりません。
あまり買わないのは、一人で1箱完食できちゃうから(*^^)v
22-KIMG2469.jpg
お土産その2は、恵那の栗羊羹(川上屋)。
1-KIMG2482.jpg
栗の美味しさは恵那ならでは。
2-KIMG2485.jpg
朝食後の甘味のひととき。


東京に3日いると戻りたくなくなるし、帰省できずに2週間過ぎてしまうと、このままでいいかなと思ってしまう。根っからのジプシーなのかと思う今日この頃。待遇は今イチだけど岩手より働きやすい職場なので、心が揺れます。不惑を過ぎても、過ぎたからこそ?迷う日々・・・。





スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんばんは。
いわさきちひろさんの絵画は、淡い色彩と線で描いていますが引き込まれます。
赤福、大好きです。
夫が現役時代、出張の帰りに必ず赤福を買ってきました。
画像を見て生唾ゴックン・・・懐かしい!

Re: No title

miyotya様:
赤福が想い出の一つだったのですね、有難うございます。いつも名古屋駅で目にするのですが買ったのは久しぶりです。ちひろさんの絵は柔らかい色と線に包まれるような気がして、ゆったりしますね。

No title

いわさきちひろさんの絵、大好きです。なんだか見ているとホッとします。
私は粒あん派ですが、でも、赤福は好きです。確かに危険ですよね~。つい食べちゃいます。
栗蒸し羊羹も大好きです。目の毒ですね。笑。
美内すずえさんは大好きですが、トークショーに行くのは難しそうです。

No title

GAEI様、こんばんは。
いわさきちひろさんも、生誕100年も経つのですね(o^_^o)v!!!
ちひろさんと言えば、黒柳徹子さん著の、窓際のトットちゃんの表紙絵が真っ先に思い浮かびます♪
私はJR中央線沿いでは、阿佐ヶ谷と吉祥寺に行ったことがありますが、ドイツ人友人であるフランク君が、1年間日本に留学していた時、吉祥寺の明星学園高校に通っていて、私も彼と一緒に吉祥寺に行きましたが、商店街ではドイツでは当たり前に見る、トルコ料理のケバブのお店もあって、「さすがは東京!」と驚きましたよ~。
赤福は餡子で包まれていて、本当に美味しいですし、本場の伊勢まで行かなくても、近鉄沿線の主要駅で売られていて、これまた便利でちゅ。
10月は私にしては珍しく、鳥取市に帰っていなかったのですが、八尾市との往復も面倒(ただし鳥取駅行きの高速バス乗り場がある、大阪難波までは、電車1本乗り換えなしで行けます)になってきただけに、早いとこ鳥取市にUターンしたいっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

No title

赤福のこし餡ならば、私も一箱いけそうです(笑)
栗羊羹の断面がそそられます☆
一棹に一体何個の栗が入っているのでしょう(>_<)

Re: No title

himekagura様:
今回も共通点があったようですね、ありがとうございます。ちひろさんの世界、日常のあちこちに見受けられるということは浸透していることかなと今回思いました。なかなかの盛況ぶりでした。赤福、危険ですよね(笑)漫画家のトークショーは珍しいと思いましたが、吉祥寺ではさすがに仕事の後で行くには遠すぎますね。

Re: No title

matsukento様:
吉祥寺にご縁があったのですね、ありがとうございます。交際範囲が幅広いですね。吉祥寺は住みたい街の上位ランキングにあがりますが、今も暮らしやすさに変わりはなさそうです。鳥取との2拠点生活、なかなか大変だと思いますが頑張ってくださいね。

Re: No title

hanamizuki様:
お誕生日会、おめでとうございました(^^♪ 和菓子はすいすいイケちゃうから怖いです。栗羊羹は確かに「数」が気になるところです(笑)今回は赤福の他に、甘あまパンを買い込んだり、肉を食べ続けたり、ちょっと気の緩む帰省になってしまいました。

No title

こんにちは。
「キンダーブック」は馴染みがありましたが「ワンダーブック」というのもあったのですね。初めて知りました。
吉祥寺というのは自分が学生のころに比べ、チェーン店ばかりになってしまい、つまらない街になってしまいました。近鉄百貨店が残ってくれていたらまだよかったのに・・と思います。

No title

赤福の若社長は高校の同級生でした。例の賞味期限偽造で泣きながら謝罪会見やっているのをTVでみて、他人事とは思えませんでした。賞味期限の偽造も親が始めたのですが、彼なりに改革をやろうとしたんですが、それを邪魔にした親から社長を解任されてしまいましたから、正に気の毒でした。親はカネをばらまいて居ましたから、伊勢の街全体が親の味方でしたし。
それとは関係なく、赤福は美味しいですね(笑)

Re: No title

kabakaba様:
ワンダーブックに言及して下さり、有難うございます。私も「キンダー」のほうが親しみあるのですが、実は「ワンダーブック」でした。吉祥寺は大田区生まれ・育ちには、“遠い” ところでしたが、長じて移動に慣れると渋谷・新宿から近いことに気づきました。商店街はどこもチェーン店しか生き残っておらず、似通ってしまいましたね。近鉄があったのは知りませんでした。

Re: No title

SPYBOY様:
赤福のお話を有難うございます。謝罪会見は本当に驚きでした。こんなに美味しい老舗がどうした??と当時は理解不能でした。親を咎めなくてはならない子どものほうが、子の不出来を憂う親より、辛いでしょうね。製造業の方たちには誠実につくって頂きたいと切に願います。売る側と買う側の信頼関係が「伝統」になるのだと思います。美味しいのですから、頑張って頂きたいです。
プロフィール

BUSYBEE-G

Author:BUSYBEE-G
好奇心にまかせて飛び回っています(^^♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR