FC2ブログ

7ケ月ぶりの映画館

ブログのお仲間の紹介記事を読んで、観たいと思う映画は多いのですが、なかなか時間が取れません。明日の「映画の日」に先立ち、今夜は『家に帰ろう』を観ました。7ケ月ぶりの映画館(*^-^*)
うちにかえろう
この写真は、いい顔してるなぁと思います。


主人公はブエノスアイレスに住む80代の仕立屋さん。脚にも心にも戦争で大きな傷を負いました。娘たちに家を処分され、施設に入れられることになった姿は、シェイクスピアの『リア王』を彷彿とさせます。或る日、70年以上音信不通の親友に、最後に仕立てたスーツを届ける旅に出ます。その友人は、ホロコーストから逃れた際に助けてくれた恩人でした。脚は痛むしお金は盗まれるし、言葉は通じないし、さんざんな道中。

でも、次々と助けてくれる女性たちに出逢い、最後は無事に目的地に到着します。溶けない氷はない、ということでしょうか。頑なだった彼の内面にも徐々に変化が。


なかなかお洒落な爺ちゃんです。
観ていたら父の晩年を思い出しました。年を重ねて頬がこけた父の姿は、全盛期とは別人の好好爺。今も私の瞼に残っています。ツレは50代の男性にも負けないくらい若々しいですが、着実に、父が亡くなった年齢に近づいています。2月はお互いにゆっくり出来る唯一の月かもしれません。時間を大事にしなくっちゃ。
人生100年時代、頭ではわかるけれどなかなか実感がわかず。生死を意識するような厳しい時代を知らない世代にとって、「いかに生きるか」「誰と生きるか」「独りでいかに生き抜くか」は、課題かもしれません。

* * *

珈琲店のモーニング。
c1-KIMG2773.jpg

c2-KIMG2876.jpg
朝はやっぱり「米」がいいわ。
おにぎりセットなんか、やってくれないかしら。
スポンサーサイト

手抜き弁当になってきたかな

脳内細菌が認知症に影響すると、今朝のラジオ(J-WAVE)より。
それでググってみたら、脳に良い食品ベスト3は、大豆、玄米、青魚のようです。

冷蔵庫の野菜が使い切れない日もあれば、ミドリ色の野菜が無い!と慌てたり、美味しいトマトに出逢えず苛々したりする日もあるけれど、とりあえず記録を。
1-KIMG2767.jpg

2-KIMG2778.jpg

3-KIMG2800.jpg

4-KIMG2893.jpg

5-KIMG2898.jpg

6-KIMG2932.jpg

7-KIMG2940.jpg

8-KIMG3007.jpg
戴きもののクッキーは、とーっても花の香りが強くて驚きました。
9-KIMG2895.jpg

* * *

50歳になった時に見た目に差が出る、という恐ろしいタイトルの本を借りてみました。
10tome.jpg
トメさんのイラストは可愛いので大好き (*^-^*)
50歳なのに35歳に見える人・65歳に見える人に分かれるのは、自分に関心を持って、好きなことをしているかどうかがカギなんだと。メイクをしていなくても、料理や花や身の回りの何かに興味をもって、好きなことに関わっていられる人、軸をもってブレない人。
たしかに「自己チュー」なら、ブレることはないかも(笑)

大切なのは言い訳せずに、「やりたいことをやる!」という生き方。でも、これも紙一重で、真実一路と思っているシニアのなかには、自信の無さの裏返しで、内心ネガティブ、見た目はズバッと人を傷つける勢いで「やりたいことをやっている」ように見える人もいます。この本で言っているのは、まやかしではなく、誠実に生きているかどうか。自分の限界を知っていれば自ずと謙虚になるし、自分が一等賞と思っている人は、周囲を傷つけても気づかない。失敗したときに誰かのせいにしていてはだめよね。

興味深かった一節は、「三日坊主」を辞めるには、まず「三日坊主」を認めること(馴化)。マンネリは誰にでも来ることなんで、「来たな」と思えばよいそうです。そこで「カラダを動かす」「いつもと違うことをする」「ごほうびを与える」「なりきる」の内どれか1つやってみれば、又ヤル気が出てくるのだと。これは体験上、納得できました。

食事はバランスよいにこしたことないけれど、毎日体にいい食事を摂ろうと気負うのではなく、一週間で4勝3敗になればOKだと。これは嬉しいお話です。嫌なことがあったときはカラダを動かす。これは私もやってます(苦笑)21時過ぎにヨガに行ってリセットするのは、たしかに忙しいけれど、ストレス解消になっているわけです。「気持ちがいい」って感じることが、脳には良いのでしょう。

死ぬまで、やりたいことが出来るカラダでいたいものです (^^♪



そるこ@戸越銀座

魚には海の塩、肉には山の塩。
海には塩化ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウムなど、ミネラルがたっぷり。淡白なお魚にはぴったりです。山は長い歳月をかけて海水が結晶化。塩化ナトリウムの純度が高いので、牛や羊の「くせ」に負けないと言われます。

某日、戸越銀座の「solco」を訪ねました。ブログのお仲間に教えていただき、気になっていたお店です。
1-KIMG2967.jpg
商店街の奥の奥。
2-KIMG2968.jpg
車が走れる商店街なので、ぶら散歩は前後を気にしなくてはなりません。
3-KIMG2970.jpg
可愛いお店なので、実は中には先客に先客。なかなか塩をゆっくり眺めることが出来ません。皆、「忍」の一文字でお行儀よく(笑)並んで待ちました。
4-KIMG2974.jpg
ディスプレイはお洒落。
5-KIMG2973.jpg
雑学の頁が増えそうです。
6-KIMG2975.jpg
おにぎり、コロッケ、アイスクリームなどを購入すると自由に塩を試食できます。私は二口で終わりそうなおにぎりを1個購入して、やっとこさ、3種類の塩を試してみました。
7-KIMG2976.jpg

8-KIMG2978.jpg

9-KIMG2979.jpg
違いがよく分かりませんでした💦

外国人観光客のグループが入ってきたので、退散。
こんなふうに100円、200円の試食ばかりで肝心な塩の購入に繋がらないと、お店の経営は厳しいのではないかと心配したりして。帰りはゆっくり、商店街を食べ歩き(*^-^*)
10-KIMG2981.jpg
長蛇の列の豚汁はパスして、おでんコロッケに並びました。
11-KIMG2982.jpg

12-KIMG2984.jpg
じゃが芋におでん種が入っています。練り物屋さんの隣が併設居酒屋でした。
13-KIMG2986.jpg
雑貨屋さんに履物屋さん、洋品店など昭和の風情にほっこりしつつ、新たに参入してきたベーカリーやカフェもチェックしながら歩みを進め、胃袋の残りスペースを満たしたのは、こちら。
14-KIMG2989.jpg

15-KIMG2991.jpg
肉巻きおにぎり串は、香り美人です。甘じょっぱい醤油の香りにそそられ、次から次へと列は途切れず。食べている様子を眺めては又、人が並ぶ。人は五感を駆使して美味しい物にたどりつくものですね。

昔からの馴染み客には年々つまらなくなってきている都内の商店街でしょうが、たまに行ってみるといろんな発見があります。



眞葛焼

咳がおさまった土曜日、予定通り人間ドックを受けに横浜へ。
1-KIMG2953.jpg
神奈川・東京それぞれ複数の施設がありますが、私は東口のこちらが一番気に入っています。
詳細結果は後日ですが、当日よい状態が確認できました。

昼前に終わったので、念願の眞葛焼ミュージアムへ。以前、ブログのお仲間に教えていただきました。
2-KIMG2955.jpg
横浜ポートサイドの一角です。開館は土日のみ。
3-KIMG2960.jpg
幕末に、京都東山の真葛原にて始まった陶磁器ですが、明治初期に、四男の宮川香山が「初代宮川香山」として横浜に移窯。世界万博でも多くの作品が高い評価を得ましたが、横浜大空襲に遭い、その妙技は三代目まで。尚、現在京都で真葛焼の窯を開いている方は、香山の親族だそうですが、「眞葛焼」の後継ではないとのこと。
4-KIMG3000.jpg
今回は入口の4点のみ撮影可。
カメラを忘れたのでスマホで撮りました。
5-KIMG2956.jpg
立体的な造形美はまさに<超絶技巧>の世界です。
6.jpg
絵葉書を2枚、買いました。
7-KIMG3001.jpg
晩年のこの作品は惚れ惚れするほど美しい。
7-2.jpg
検診センターでお食事券を戴いたので、普段自分では選ばない物を食べることに。
8-KIMG2965.jpg
ハワイアンのカフェで、柔らかシュリンプのランチセットを戴きました。
9-KIMG2962.jpg
ライスには、のりたま!
ハワイでは、ふりかけはポピュラーな食べ物なのでしょうか・・・。



今日はうっかり薬を忘れ、朝・昼と服用できず咳が復活したものの、夜は落ち着きました。
ご心配くださいました皆様、有難うございます。
今夜からヨガも再開できました(*^-^*)




気管支炎でした

売薬では一進一退だったので、東京に戻った折に近所で診てもらったら、既に気管支炎になっていました💦
軽度ですが、いったん咳き込むと止まらない。なるべく早く直したいと言ったら、あれこれ薬が処方されました。ここ10年ほど本格的な病気になったことがなかったので、服薬の煩わしさを忘れてました。

1日2回の薬と3回の薬、1回1錠の薬と2錠の薬。
年取ったら間違えそう~~!!

それにしても熱はないし、食欲の衰えもないので、喉がイガイガしていると、ついついラーメンが食べたくなります。札幌ラーメンのチェーン店ですが、東海エリアの味噌ラーメンは赤味噌です。
KIMG2652.jpg
炒飯が手前にあるので大きく写ってますが、ちゃんと半サイズです(笑)
こちらは野菜たっぷりのラーメン。
KIMG2900.jpg
週末になると冷蔵庫をカラにして東京に戻るので、外食を控えてプチ掃除。


今年は暖冬といいますが、意外と雪は多いそうです。
東京は冷え込む朝があっても、地方に比べると安定した暖かさを感じられます。

某日、風のない穏やかな多摩川下流の水門。
a-KIMG2851.jpg
珍しくサイクリングする人が少なかったので、ゆっくりお散歩できました。
b-KIMG2853.jpg
皆様、佳い週末をお過ごしください(^^♪

摩利支天・とげぬき地蔵・高輪フレンチ

まだ松の内に、摩利支天徳大寺へ。
1-CIMG4614.jpg
亥年なので混んでました。
3-CIMG4616.jpg
京浜東北線の線路際、店舗が密集しているアメ横に、開運勝利の守護神がおわします。
2-CIMG4615.jpg
上野の雑然とした混み具合が、私は子どもの頃から大好き。賑わいがが大好きな父と私は、大晦日は必ずアメ横をぶらぶらしたものです。スリにあったらどうしよう・・・なんて要らぬ心配をしながら。
4-CIMG4617.jpg
値切らず、おまけの文化と言われるアメ横だけど、多分少しずつ変化していると思います。
5-CIMG4618.jpg

こちらは巣鴨。
6-CIMG4629.jpg
とげぬき地蔵は商店街のなかだから(寄り道が楽しくて)なかなかたどりつきません。
7-CIMG4619.jpg

8-CIMG4620.jpg

9-CIMG4621.jpg

10-CIMG4626.jpg

11-CIMG4625.jpg

12-CIMG4627.jpg

13-CIMG4628.jpg

14-CIMG4622.jpg
ようやく到着💦
15-CIMG4623.jpg
無病息災を祈るのみ。
16-CIMG4624.jpg

連休には高輪で女子会。
1-CIMG4662.jpg
隠れ家フレンチ「フェメゾン」でのランチを、お友達がセットアップしてくれました。
2-CIMG4661.jpg
アンティークな調度品の、素敵な一軒家です。
3-KIMG2922.jpg
前菜は、はまちのカルパッチョ。身が大きく切ってあります。
4-KIMG2923.jpg
お皿のうえはアートの世界。
5-KIMG2925.jpg
私は病み上がりなので(笑)ハタというお魚をいただきました。一人は牛肉を。赤ワインのソースで、そちらも美味しそうでした。
6-KIMG2927.jpg
デザートの、葡萄のジュレがとても美味しかったです。


ここ数日、咳が止まらない。お陰で頻繁にうがいをするようになりました。ちゃーんと振舞えるように導かれている気がします。

無病息災より一病息災でしょうか。







武蔵小山で野菜食べ放題

祭日も出勤となることが多いわが社ですが、さすがに成人の日の週は連休でした。こちらは、汐留のイルミネーション。今頃?という感じでしたが、なかなか綺麗でした。
1-CIMG4603.jpg
翌日は、いつもの青山のマーケット。国連大学前です。
2-CIMG4604.jpg

3-CIMG4605.jpg
外出ついでに眺めるので、「あ、いいな」と思っても荷物になるので、なかなか買えません。
4-CIMG4606.jpg

5-CIMG4607.jpg
芝神明様にも1月の間にお参りしなくっちゃ、というわけで出向きました。
7-CIMG4609.jpg
港区内で一日半の研修が始まる前のこと。
ランチは大門界隈で探したのですが、サラリーマンの町なので土日はclose が多く、営業中はラーメン屋さんばかり_(._.)_ 
ようやく美味しそうな旗を発見しました。
8-CIMG4611.jpg
サラダのドレッシングがとても美味しかったのでシェフに尋ねたら、マヨネーズ+生クリーム(極少)+ヨーグルト+パプリカペッパーとのこと。
8-KIMG2910.jpg
パスタは2種から選べるので、私はサーモン&ケッパーをチョイス。
9-KIMG2913.jpg
アルデンテでしたが、私にはちょっと塩味がきつかったm(__)m

こちらは久しぶりの武蔵小山。
10-KIMG2917.jpg
目黒に近いのに、とても下町。商店街には学生時代に来た巨大パフェの店が健在(^^♪ でも最近は、チェーン店が増えて他所と変わらぬ雰囲気になってきたかな。食べるところを探していたら案外少ないような。暫く歩き続けたら、「野菜食べ放題」の看板を発見。
11-KIMG2918.jpg
「しゃぶ葉」という店でした。
遅めのランチだったのですぐ座れました。お肉と出汁を選んだら、野菜やご飯もの、デザートが食べ放題。
13-KIMG2921.jpg
野菜目当てならお勧め。私は三元豚のバラ肉を選びました。4段もあり、なかなかの量です。
12-KIMG2920.jpg
肉質は値段相応ですが、野菜がいいです。ご飯も多種あり美味しかった。タレが豊富なのであれこれ試せて楽しいです。麺があなどれない美味しさで昼でも夜でも、家族一緒に手軽に楽しめるお店かなぁ・・・ご馳走様でした(*^-^*)



東京タワー

年末に行くつもりが押せ押せになってしまいました。
1-CIMG4635.jpg
前日はとても寒くて寒くて大変でした。
2-CIMG4638.jpg
東京でも、雪!!だったのです。
4-CIMG4641.jpg
見たかったのはこちら。
5-CIMG4642.jpg
着せ替え人形(リカちゃん人形)世代ですから、歴代の制服がずら~っと眺められる展示は大好き(*^-^*)
6-CIMG4652.jpg

7-CIMG4653.jpg
あれが好き、これが好き・・・って、すべて似合う前提で勝手にランキングしたりして。

同時に、ノスタルジックな展示がありました。
8-CIMG4648.jpg
ブログのお仲間も、すいすいとこんな模型を造りそうですね。
こちらは、43分の1ジオラマです。
9-CIMG4649.jpg
なぜ、「三丁目の夕日」が東京タワーに??と思ってしまいましたが、スタッフさんたちの想いが込められた作品です。
11-CIMG4656.jpg
増上寺に戻ってお詣りを。
12-CIMG4631.jpg
陽が陰り始めても尚、お詣りの人の列は途切れず。
13-CIMG4658.jpg
こちらは別の日ですが、増上寺近くの銭湯です。
芝は、港区のなかでは下町っぽい町で、それでいて京浜工業地帯より品がよい人達が多いから、私はこの銭湯が好き。やや熱めながら通い続けている銭湯のひとつです。
yu-CIMG4612.jpg
ジェットバスが強烈で、歩き疲れた足をいっきに元気にしてくれます。
何より、ドライヤー無料ってところがいいのよね(*^-^*)







母の誕生日は赤坂へ

松の内が関東と関西では異なることも知らず、したがって、鏡開きは1月11日とは限らず、15日もしくは20日にする地域もあると今頃知りました。今月は母の誕生日。七草粥に鏡開きと、正月の行事を次々こなし、布団の上げ下ろしも一人で出来ている母は、耳は遠いけど内臓は元気。子ども孝行なこと。結婚が25歳で、第一子(兄)を出産したのが30代だから、同世代では晩婚・晩産だったわけですが、そのせいか今も頭の回転はすこぶる若い。スーパーで会計する時は暗算して概算額を財布から出して待機しているし、『源氏物語』の与謝野晶子訳と円地文子訳の違いを説明できます。

今年は母の誕生日に振休を取れたので、久しぶりにお散歩ランチに誘ってみました。元気とはいえ、外出できそうか、出かける気分になるかどうかは朝の調子次第なので、前もってお店を予約することが出来ません。とりあえず、新しくなった虎屋に連れてゆきたかったので、赤坂でご飯することにしました。
0.jpg
その日の「鼻」に任せて、サラリーマンが通う店でランチするのが、母の楽しみの一つです。

カウンターで揚げたての天ぷら定食を。店内、ごま油の香り芳し。
写真は、私が注文した穴子天ぷらです。味噌汁はしじみでした。
0-KIMG2904.jpg
丁度13時でしたが、次々とサラリーマンが入ってきます。一番人気は天丼でした。
【追記】店を出てから気づいたのですが、この先の「おこげ」という割烹のランチが有名なので、今度はそちらに行きたいと思います。

食後の散歩は、豊川稲荷。
1-CIMG4580.jpg
母の叔母が赤坂に暮らしていたので、子どもの頃は虎屋のお土産がやってくるのが大きな楽しみだったと、想い出話が始まりました。私たちが物心つく前に亡くなられたので、大叔母を私は知りません。
2-CIMG4584.jpg
こじんまりとした東京別院が、母にとっては心落ち着く場所の一つのようです。
3-CIMG4585.jpg
芸の神様、弁財天に手を合わせる人多し。
ここには芸能人もたくさんお詣りに来るらしいですが、私は著名人に遭遇したことはありません。
4.jpg
亥に乗る摩利支天のご利益は、勝利と財福。
4-CIMG4587.jpg
境内の隅には茶店が三軒。
向かって左から、菊屋さん、美吉さん、家元屋さんというらしい。以前家元屋さんでお稲荷さんを買ったから今度は違う店で・・・と思ったら、菊屋さんでは「稲荷やってません」の張り紙が。それで真ん中の美吉さんで残っていた1個を購入。
5-CIMG4588.jpg
ここはカオス。お守りや根付と一緒に稲荷寿司が陳列されています。
各店に共通な単語は、「雑然」でしょうか。およそ赤坂のイメージと異なる混沌とした味わいある佇まい。

昨年リニューアルした赤坂虎屋。
6-CIMG4589.jpg
設計は、内藤廣という建築家で、落ち着きのある低層建築です。地下にはギャラリーがあるのですが、生憎、展示入替で見る事叶わず。3階のカフェは空いているとはいえ、順番待ち。
母は今月の棹ものとお抹茶のセットを。
6-KIMG2907.jpg
私はせっかくなので、関西風のお雑煮を。
6-KIMG2908.jpg
甘い白みそ仕立てのお雑煮を、初めて戴きました。


お土産は、お正月に伊勢丹で買った生菓子アソートと、赤坂店限定の「残月」と、夜の梅(小倉)と新緑(抹茶)のミニ羊羹。豆大福は、赤坂見附駅近くの岡埜榮泉にて購入。
7-CIMG4593.jpg
迎えに行って、一緒にお出かけし、送り届けると一日がかり。でも、卒寿になる母とあと何回一緒にお散歩ランチできるか分からないので、一回一回を大切にしたいと思いました。



モザイクタイルミュージアム

以前から行きたいと思っていた、多治見のモザイクタイルミュージアムへ、青春18切符でお出かけ。
1-CIMG4438
概観だけで既にわくわく(*^-^*)
1-CIMG4442
近づいてみると・・・
2^CIMG4439

3-CIMG4440

4-CIMG4441
先ずは階段で上へ。
5-CIMG4445
ここで、うぉ~。
6-CIMG4447
老朽化した建築物と共に廃棄されてしまうタイルたち。こちらは、多治見市のタイル産業を理解するに役立つ、アーカイブ的な存在です。
7-CIMG4489.jpg
以下、写真多し。
8-CIMG4448

9-CIMG4449

10-CIMG4450.jpg

11-CIMG4451.jpg

12-CIMG4452.jpg

13-CIMG4455.jpg

14-CIMG4458.jpg

15-CIMG4459.jpg

16-CIMG4462.jpg

17-CIMG4463.jpg

18-CIMG4465.jpg

19-CIMG4468.jpg

20-CIMG4470.jpg

21-CIMG4472.jpg

22-CIMG4475.jpg

23-CIMG4476.jpg

24-CIMG4481.jpg

25-CIMG4484.jpg

30-CIMG4493.jpg

31-CIMG4494.jpg

32-CIMG4498.jpg

33-CIMG4499.jpg

34-CIMG4501.jpg

35-CIMG4503.jpg

36-CIMG4506.jpg

38-CIMG4521.jpg

39-CIMG4523.jpg

40-CIMG4532.jpg

41-CIMG4539.jpg

42-CIMG4543.jpg

42-CIMG4552.jpg
お昼は駅の近くで。
42-CIMG4556.jpg
混んでいたので、ランチ鰻丼を諦め、まぐろ丼に。
43-CIMG4554.jpg
ご馳走様でした。


あれこれ眺めていたら、常滑にも行ってみたくなりました。
INAXの、装飾タイルのミュージアムがあるのです(^^♪




プロフィール

BUSYBEE-G

Author:BUSYBEE-G
好奇心にまかせて花から花へ🌻🌹🌸

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR