FC2ブログ

自転車のマナー

某日、バス停で時刻を確認して後ずさりした瞬間、疾走してくる自転車にぶつかりそうになって、怒鳴られた。

おい!おい!!!と、追いかけようかと思ったけれど、万一、道交法が変わっていたら頭ごなしに叱れないと思い、とどまった。でも、たとえ舗道OKにしてもあのスピードはいただけません。穏やかな田舎に隣接する地方都市でのひとこま。


その後都内で見つけました!!
自転車
いーねー、こういうの。分かりやすいということは、安全につながるというもの。各地で徹底していただきたい。
ところで、
疾風自転車ニアミス事件のあと、念の為警察に電話で確認しました。

○道路交通法上、自転車は「(軽)車両」です。
○歩道と車道の区別があるところでは、車道を通行するのが原則(車道の左側を通行)。
○道路標識で指定された場所や、車道の道幅が狭いといったやむを得ない場合に、例外として歩道を走れます。
○歩道を通行するときは、すぐに停止できる速度で車道寄りを徐行。
○歩行者の通行を妨げる場合には一時停止しなければなりません。

だよねー。

慌ただしい年末、大人もちゃんと行動しましょうね(^^♪



* * * 車中飯 * * *

新大阪駅にて
a-KIMG2603.jpg
これは又、食べたい美味しさ(*^-^*)

大宮駅にて
b-KIMG2660.jpg
まい泉のサンドイッチは安定した美味しさ

名古屋駅にて
c-KIMG2656.jpg
ホームで買うサンドイッチはたいていパンがカタイ<(_ _)>

熱海駅にて
d-KIMG2740.jpg
鯵の唐揚げが、からっからで美味しかった。


* * *

鬼の霍乱。
年末になってもやるべき片付けはいっぱいあったのですが、それでも気分はお正月(^^♪
気が緩んだのか、疲れが出てしまい、昨晩はホットヨガから帰宅してそのまま眠ってしまいました。今日は遅い出勤だったので、朝7時まで、なんと12時間=通常の3日分も。

ヨガに向かう前、寒気がしたのです。説明不可能な気分の悪さ。熱が出ているわけでもなく、でも、食べられない。
食べられないのは体調が悪い証拠。

今朝は恐る恐る、林檎1/2個。
昼はおにぎり1個。
今夜は林檎(小)2個。


明日から東京です。食べられるカラダに戻さねば!!
日々の雑感をお読みくださいました皆様、どうぞ佳い年末年始をお過ごしください。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

画僧 月僊

画僧とは、絵を描く僧侶のこと。某日、名古屋出身の月僊(げっせん) の絵を観に行きました。
1-CIMG4227.jpg
まずは、市立博物館近くで、あんかけきしめんを食してから。
2-CIMG4229.jpg
桜井雪館に学び、丸山応挙から影響を受けたとのことで、年代による作風の違いは、私でもよくわかりました。
3-CIMG4245.jpg
月僊の時代は、狩野派の画風が批判された室町以前の伝統を見直そうという時代だったそうです。10代で増上寺(芝大門)学寮に入り、30代で江戸から京都に移ったとの説明がありました。

まずは、名古屋の街の変遷を写真で紹介。
4-CIMG4231.jpg

5-CIMG4232.jpg
名古屋市立博物館は、いつも、門から玄関までの間に企画展の見どころを紹介しており、これがとても楽しいのです。
6-CIMG4233.jpg

7-CIMG4235.jpg

8-CIMG4237.jpg

9-CIMG4238.jpg

15-CIMG4239.jpg

16-CIMG4240.jpg

17-CIMG4241.jpg

18-CIMG4242.jpg
以前は玄関前にピンクのクラウンが展示されていました。
19-CIMG4243.jpg
月僊は、名古屋の味噌商の家に生まれたそうで、経済的に支援を受けていた味噌屋さんとの微笑ましいやりとりが、手紙に表れていました。
岡崎の大田家の味噌が大好物だったとか。その味を引き継ぐまるや八丁味噌のかりんとうをお土産に(*^-^*)
20-CIMG4249.jpg
絵葉書はこれ以外に数枚買いました。
21絵葉書
今回の展示は、ユニークな仙人の絵、仏画や花鳥画、山水画など。そして、社会福祉に取組んだ生き様も垣間見ることができました。東海地方といえば、円空の木彫りの仏像が有名で、岐阜・愛知県に多く残されています。また、 観る人の心を穏やかにする仙厓和尚の禅画も有名ですね。市立博物館では2月になると、国芳の浮世絵が観られるので今から楽しみ(^^♪

こちらは名鉄名古屋駅前のナナちゃん人形。クリスマス仕様です。
22.jpg
こちらは別の日。
東京ではパスコの名前で知られている、敷島製パンのカフェにて。朝ごはん用に、海老のアヒージョパンを戴きました。
23bread.jpg
こちらのカフェは珈琲も美味しい(^^♪
ランチタイムには丼に生野菜がてんこ盛りのサラダランチもありますが、がっつり食べたい時は、「モリライス」がお勧めです。
23モリライス
ハヤシじゃないよ、モリだよ!ということで、鉄板ナポリタンと生姜カレーのセットです。

さらにこちらはJR名古屋駅在来線ホームの、きしめんです。
24-KIMG2827きしめん
在来線と新幹線のホームでは若干違いがあるとか・・・。



世の中はクリスマス連休。私は日曜日はとんぼかえりで東京へ。イブの昨日は仕事でした( ;∀;)
仕事納まであとちょっと、頑張りまーす(^^♪





陰ヨガ

筋肉と筋膜を静かに伸ばすポーズを保つことで、筋肉の表面がくっつく(癒着する)のを防ぐ/解消する陰ヨガで、静かな時間を保つことは、情報過多の頭を鎮静化することにつながります。注意深く姿勢を意識することで、心も穏やかになるという理屈です。嫌なことばかりではなく楽しいイベントも、一種のストレスになります。活動的な人は概して交感神経優位です。年を重ねるごとに固まってゆくカラダの可動域を広げようと、トライ。

しかし・・・私のカラダは、固くなった古いスポンジのごとし(苦笑)
やってみたら苦行以外の何物でもなかった(´;ω;`)

堅いスポンジは水に浸せばもとに戻るでしょうが、私にはハードル高すぎました。なので、いつもの骨盤ヨガとか、リラックス系のヨガを、楽しく続けていこうと思います。


こちらは職場近くのカフェにて。
カフェランチ
生パスタも美味しいけれど、野菜を多く摂れるから、私はいつもこのハンバーグランチ。限定20食なので、お弁当を持参しない日は早めに向かいます(^^♪

着用コストを考える

先日『日経WOMAN』で見つけた面白い記事。
服をムダ買いしないコツは、「1回当たりの着用コスト」を計算すること。

企業会計の減価償却費と同じ考え方です。3000円の服を10回着れば、1回当たりのコストは300円。通勤服はいわば必要経費。「自分の収入なら、服飾費として1日にいくらかけられるか。1回の着用コストが1000円以上になるものはコスパが悪い。」に納得。

買い物を「減価償却」で考える3STEP
1)購入価格÷(月〇回着用×〇ケ月)=1回の着用コスト
  例えば、4千円のブラウスを月4回、5ケ月着るなら、
  4000÷(4×5)=200円
2)前述の着用コストが千円以上か未満かで、コスパ良し悪しをグループ分け。
3)OK服とNG服の傾向をリスト化して、買い物に生かす。無駄買いをなくす。

ふだい池
断捨離のきっかけになりそうです。



お得切符で岩手・茨城・兵庫県へ

師走の盛岡。
0-CIMG4103.jpg
総石垣造りの盛岡城址の、主のない台座。
1-CIMG4107.jpg
かつてここには、日清戦争に従軍した、“南部の殿様” の末裔(南部利祥氏)が立っていたそうです。昭和19年に戦時動員で銅像は供出され、この姿に。

近くの公園にて。
2-CIMG4062.jpg

3-CIMG4070.jpg
レトロな映画館
5-CIMG4025.jpg
個性ある店が並ぶ一角
6-CIMG4028.jpg

6-CIMG4036.jpg
櫻山神社
6-CIMG4039.jpg

6-CIMG4044.jpg

7-CIMG4043.jpg
懐かしいハンバーグ屋さんでモーニング。
8-CIMG4029.jpg

8-CIMG4031.jpg
321円のトーストセット。珈琲がたっぷりで嬉しい。
9-CIMG4034.jpg
耳を落として焼いてもらえばよかった💦


茨城某所にて、2年ぶりの女子会。
3名以上で、3時間飲み放題のプラン。コロナビールで乾杯❤
1-KIMG2723.jpg
料理が「次々と」ではなく、「どーんと一緒に」運ばれて、飲んでる暇がない💦
2-KIMG2727.jpg

3-KIMG2732.jpg

4-KIMG2734.jpg
旦那が単身赴任だと「楽だけど不便だ」とか、酔いにまかせていろいろ出てくる。平和な証拠。
5-KIMG2735.jpg
酒豪たちのためにラップと紙皿をもらって残り物を詰めていたら、「女子力高い」と褒められました。元秘書なので、自然にカラダが動いてしまう(苦笑)一緒に働いていた頃からアルコールは底なしでしたっけね。

被災時も一緒でした。私が必死の形相でデスクトップPCの首をおさえていたとか、今は笑い話にできるくらい歳月が経ったということでしょうか。いえいえ、笑いながら皆、あの日のしんどさは忘れない。乗り切った同士の絆を再確認できました。
とどめのスイーツ盛合せ
6-KIMG2736.jpg
以上、「おとQ(大人の休日倶楽部)パス」を利用して。


某日、「青春18切符」を利用して、今年最後の西明石。
1-KIMG2781.jpg
前菜の鶏と烏賊に続き、レタス包みをいただきました。
2-KIMG2783.jpg
ひき肉を混ぜ混ぜして。
3-KIMG2786.jpg
寒い日には汁ものが嬉しい(^^♪
4-KIMG2785.jpg
胃袋ほぼ充足。でも、夏から「食べたい」と憧れ続けた酸辣湯面を逃すわけにはいきません。麺を半分にして戴きました。
繰り返しますが、麺は「半分」です(笑)
5-KIMG2788.jpg
なんかえん様には今年も胃袋がお世話になりました(*^-^*)

ラムlovers、上野に行く

先週末は久しぶりに東京でゆっくり過ごせました❤

ラム肉好きな私たちは、「孤独のグルメ」でも紹介されたらしい上野の羊香味坊を目指すことに。平日ランチはかなりお得らしいのですが、土日は13時オープンだし、価格に見合う内容か??でした。午後1時までお腹がもつか分からないけれど、行くっきゃない!まずは場所の確認ということで線路沿いを歩いてみました。
1-CIMG4200.jpg

2-CIMG4201.jpg
少し先を右手に曲り、見~~つけた!
3-CIMG4199.jpg
開店まで、松坂屋の物産展(北海道展)にて時間を潰すことに。


はからずも試食で丁度いい感じに胃が満たされ、12時50分に到着すると、既に20人ほど並んでいました。
4-CIMG4203.jpg
ラム居酒屋って感じで、テーブルは超狭いです( ノД`)
葱塩炒めは柔らかく、食べやすかった。
5-CIMG4204.jpg
つまり少々物足りない。ラムloversは、もっと野性的な香りと味わいを期待してました。でも、塩加減ほどよくラム入門者にはお勧めです。

こちらはラム肉のフレンチチョップです。
6-CIMG4206.jpg
口コミを読むと、スープ類は難しそうなのでパス。焼売を戴きました。
7-CIMG4209.jpg
わたくし的には、これが一番ラムラムしくて美味しかった❤
前月、遠野で美味しいラムを戴いてしまったので、まぁこんなものかな~でしたが、平日ランチには又行ってみたいです。

食後、久しぶりに「吉池」でお買い物。
8-CIMG4202.jpg
あれこれ買ってしまいました。
9-CIMG4214.jpg
かたやお仕事、私は図書室(青山)とボディメンテナンス(有楽町)に。
10-CIMG4215.jpg
こちらは都の施設の前にあったツリーです。質素で好感もてました。

以下、日比谷のイルミネーション。
11-CIMG4217.jpg

12-CIMG4219.jpg

13-CIMG4222.jpg

14.jpg
私はこのシャンパンゴールドのなかを東京駅まで歩くのが好き。
15-CIMG4225.jpg
この日はエンダモロジーでバリバリの体をほぐしたわけですが、そこで、「肉と葱を一緒に食べるように」とご指導いただきました。お昼にラムの葱塩炒めを食したのはたまたまです。
うちでは肉・野菜炒めはピーマンやキャベツなどが多いのですが、これからはシンプルに葱炒めにしようと思いました。


イルミネーションは、先日の小岩井農場(岩手)は広くて立派でしたが、都心は街ナカに相応しい飾りつけで、それぞれいいものだと思いました。昔は電気代が気になりましたが、LEDの発明で電飾に抵抗感がなくなっています。

レコード継続中

たまねぎ、パセリ、セロリの香りは安らぎをもたらす成分があるそうです。珈琲はブルマンやガテマラに、気持ちを落ち着かせる成分が多いと。年末の慌ただしいときに限らず、苛々を抱えたら試してみるのもよいかもしれません。以上ラジオ情報でした。

*** 日常のお昼は同じ食材の使いまわしです * * *

0-KIMG2631.jpg

1-KIMG2494.jpg
果物を食べることがめっきり減ったので、煮物に柿を添えて。
2-KIMG2499.jpg

3-KIMG2501.jpg

4-KIMG2527.jpg

5-KIMG2538.jpg

6-KIMG2548.jpg

7-KIMG2546.jpg

8-KIMG2513.jpg

9-KIMG2591.jpg

10-KIMG2600.jpg

12-KIMG2634.jpg

11-KIMG2605.jpg

14-KIMG2743.jpg
ピクルスとコロッケはコンビニにて。
風もなく暖かい日だったので、戸外のベンチで広げました。
15-KIMG2751.jpg
ひこにゃんの「肉球」は仲間にも好評で、美味しかった(^^♪
15-KIMG2754.jpg

16-KIMG2757.jpg

17-KIMG2765.jpg

* * *

今年の話題作が手元に届くまでに(図書館で予約してから)半年以上かかりました。
oraora.jpg
若い頃に死別した周造さんへの深い想いや、子どもとの軋轢(葛藤?)、70代半ばという主人公の東北弁に、枯れることのない力強さ、女性の底力を感じます。独り芝居のようだという評もあるくらい、物語の里、遠野ならではの文体かも。

銀河農場の夜

某日、日帰りで盛岡まで出かけようと思っていたら、前職の “同士” から、「小岩井イルミ、行ったことある?」とメールが。いいえ、と応えると「じゃ、行こ!!」
1-CIMG3928.jpg
・・・というわけで、氷点下のお散歩(笑)
2-CIMG3929.jpg

3-CIMG3931.jpg

4-CIMG3934.jpg

5-CIMG3935.jpg

6-CIMG3936.jpg

7-CIMG3939.jpg

8-CIMG3945.jpg

9-CIMG3947.jpg

10-CIMG3950.jpg

11-CIMG3952.jpg

12-CIMG3955.jpg

13-CIMG3959.jpg

14-CIMG3966.jpg
ここには、昔ちゃーんと走っていたD51があります。
15-CIMG3970.jpg

16-CIMG3976.jpg
ファンの方には、きっとこの車輪がたまらないのでしょうねぇ~と思いながら眺めました。
17-CIMG3979.jpg

19-CIMG3995.jpg
すっかり体が冷えました。
農場内のレストランで提供しているオムライスは、たまごが違うらしく、盛岡の人達が「絶品」と唸る。でも、19時で閉店だから食べられませんでした=残念<(_ _)>
20-CIMG4015.jpg
そこで、温まるラーメンを。
なかなか濃い味付けでしたが、芯まで冷えた体にはちょうどよい塩分で、旨うまペロリ。
21-CIMG4017.jpg
昼間はバスが運行していますが、イルミネーションはアッシー無しでは観ることができません。
お誘いいただき、感謝×感謝。
22-CIMG4019.jpg
こちらはお土産にいただいた福島の柿のお菓子。なかなか美味しかったです。






はりきゅうミュージアム&ハルカス「エッシャー展」

某日大阪府内に所用あり、ブログのお仲間に教えていただいた、はりきゅうミュージアムに立ち寄りました。
1-CIMG4110.jpg

2-CIMG4111.jpg
3-CIMG4112.jpg
向こうに見える専門学校のなかにミュージアムはありました。
4-CIMG4113.jpg
事前に要予約とありましたので、朝のうちに電話して。
5-CIMG4179.jpg
パンフレットによると、「鍼灸は6世紀半ばに仏教伝来と同じ頃、中国から朝鮮を経て日本に伝来」したそうです。私は幼児期に「ほねつぎ」のお世話になりました。本格的な鍼灸のお世話になったのは40代からです。

こちらのミュージアムでは撮影OKですが、SNS不可とのことなので、所蔵品を掲載できず残念です。ツボや経絡が判る銅人形が印象的でした。鍼灸院の看板や、「はらいた薬看板」なども。私は浮世絵が好きなので、お灸をしている女性など見入ってしまいました。これだけ揃えられた関係者のご苦労はいかばかりかと。


せっかく大阪に来たので、憧れのハルカスへ(^^♪
7-CIMG4181.jpg
エッシャー展を東京に帰省して観る余裕がなく、「ハルカスに行くぞ!」と心に誓ったのは未だ暑さ残る頃だったような。
8-CIMG4182.jpg

9-CIMG4183.jpg

10-CIMG4184.jpg
幾何学をベースに、目の錯覚をおこすような作品を緻密に描いた版画家です。視る者が「あれ?目の錯覚?」と首を傾げたらほくそ笑むんだろうなぁ~と思いながら眺めました。
11-CIMG4185.jpg

12-CIMG4186.jpg
父親が土木技術者、エッシャー自身も建築の道に進んだ後に版画を志すようになったそうです。複数の技法を同時に用いたり、職人気質の緻密な作業に、こだわりが感じられます。
13-CIMG4187.jpg
平日だったこともあり、上野とは比べ物にならないくらいゆったり絵を眺めることができました。
14tree.jpg
展望台でゆっくりする時間はありませんでした。
15-CIMG4191.jpg
EVから眺める夜景。
17-CIMG4193.jpg

18-CIMG4196.jpg
青春18切符による、節約旅でした。




瑞宝殿

某日、仙台。帰りの新幹線までに「2時間」ありました。昼食を駅構内の寿司street で済ませようと思いましたが、混んでいる気がしたので、ここは昼抜きでさくっと観光できないか?思案しました。

で、瑞宝殿へ。
伊達政宗公の霊屋(おたまや)です。
1-KIMG2674.jpg
バスを降りて5分程度進むと、坂を上がる前に無料のコインロッカーあり。キャリーバッグが縦置きできて便利です。
2-KIMG2675.jpg
仙台藩と戊辰戦争。最初は新政府軍に付こうとしたのが、何かの行き違いで列藩同盟に入れられてしまい、会津藩に味方したわけではないそうな。
2-KIMG2720瑞宝殿墓所 解説
杉並木の参道を進むと、青森ヒバを用いた、涅槃門。
4-KIMG2677.jpg
涅槃とは、煩悩を取り払った悟りの境地。消失前と同様の、豪華な飾り。
5-KIMG2679.jpg

6-KIMG2680.jpg
門をくぐると、瑞宝殿です。
7-KIMG2681.jpg

8-KIMG2689.jpg

9-KIMG2690.jpg

10-KIMG2694.jpg
米沢城に生まれた伊達政宗は、産業・経済・文化の振興をはかり、62万石に。70歳で亡くなる前に、瑞宝殿を造り、霊屋とするよう遺言したそうです。桃山文化の遺風、豪華絢爛な廟建築は昭和20年の戦災で焼失。その後、昭和54年に再建、平成13年に改築されたそうです。極彩色は創建時を再現したとあります。
13-KIMG2701.jpg

14-KIMG2702.jpg

15-KIMG2703.jpg
感仙殿には二代目が眠っています。新田開発、治水に取組み、産業・経済の振興に取組んだ、忠宗の墓所は、瑞宝殿と同様に国宝に指定されました。戦災により焼失、昭和60年に再建、平成19年に改修されました。
16-KIMG2704.jpg

17-KIMG2705.jpg

18-KIMG2706.jpg
善応殿には三代目が眠っています。
幼い頃から芸術的な才能に長けていた綱宗は、書画・蒔絵、水墨画などで高い評価を得ました。
19-KIMG2707.jpg

20-KIMG2709.jpg
残っていた紅葉もまもなく白い雪に覆われることでしょう。
20-KIMG2711.jpg

21-KIMG2715.jpg

22-KIMG2717.jpg
急階段を、行きには登ってきたのですね。
23-KIMG2718.jpg
伊達政宗といえば「独眼竜」の印象が強いですが、発掘された頭骨をもとに復元した容貌は、「塩顔」でした。その歌も書も素晴らしく、粋な文化人という印象が強くなりました。
25-KIMG2721バス停から
バス停から振り返ったところ。
この地はもともと「千代」といったそうです。千年といわず永遠に栄あれの願いを込めた政宗の和歌:
⇒入そめて くにゆたかなる みぎりとや 千代とかぎらじ せんだいのまつ
プロフィール

BUSYBEE-G

Author:BUSYBEE-G
好奇心にまかせて花から花へ🌻🌹🌸

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR