FC2ブログ

はりきゅうミュージアム&ハルカス「エッシャー展」

某日大阪府内に所用あり、ブログのお仲間に教えていただいた、はりきゅうミュージアムに立ち寄りました。
1-CIMG4110.jpg

2-CIMG4111.jpg
3-CIMG4112.jpg
向こうに見える専門学校のなかにミュージアムはありました。
4-CIMG4113.jpg
事前に要予約とありましたので、朝のうちに電話して。
5-CIMG4179.jpg
パンフレットによると、「鍼灸は6世紀半ばに仏教伝来と同じ頃、中国から朝鮮を経て日本に伝来」したそうです。私は幼児期に「ほねつぎ」のお世話になりました。本格的な鍼灸のお世話になったのは40代からです。

こちらのミュージアムでは撮影OKですが、SNS不可とのことなので、所蔵品を掲載できず残念です。ツボや経絡が判る銅人形が印象的でした。鍼灸院の看板や、「はらいた薬看板」なども。私は浮世絵が好きなので、お灸をしている女性など見入ってしまいました。これだけ揃えられた関係者のご苦労はいかばかりかと。


せっかく大阪に来たので、憧れのハルカスへ(^^♪
7-CIMG4181.jpg
エッシャー展を東京に帰省して観る余裕がなく、「ハルカスに行くぞ!」と心に誓ったのは未だ暑さ残る頃だったような。
8-CIMG4182.jpg

9-CIMG4183.jpg

10-CIMG4184.jpg
幾何学をベースに、目の錯覚をおこすような作品を緻密に描いた版画家です。視る者が「あれ?目の錯覚?」と首を傾げたらほくそ笑むんだろうなぁ~と思いながら眺めました。
11-CIMG4185.jpg

12-CIMG4186.jpg
父親が土木技術者、エッシャー自身も建築の道に進んだ後に版画を志すようになったそうです。複数の技法を同時に用いたり、職人気質の緻密な作業に、こだわりが感じられます。
13-CIMG4187.jpg
平日だったこともあり、上野とは比べ物にならないくらいゆったり絵を眺めることができました。
14tree.jpg
展望台でゆっくりする時間はありませんでした。
15-CIMG4191.jpg
EVから眺める夜景。
17-CIMG4193.jpg

18-CIMG4196.jpg
青春18切符による、節約旅でした。




スポンサーサイト

瑞宝殿

某日、仙台。帰りの新幹線までに「2時間」ありました。昼食を駅構内の寿司street で済ませようと思いましたが、混んでいる気がしたので、ここは昼抜きでさくっと観光できないか?思案しました。

で、瑞宝殿へ。
伊達政宗公の霊屋(おたまや)です。
1-KIMG2674.jpg
バスを降りて5分程度進むと、坂を上がる前に無料のコインロッカーあり。キャリーバッグが縦置きできて便利です。
2-KIMG2675.jpg
仙台藩と戊辰戦争。最初は新政府軍に付こうとしたのが、何かの行き違いで列藩同盟に入れられてしまい、会津藩に味方したわけではないそうな。
2-KIMG2720瑞宝殿墓所 解説
杉並木の参道を進むと、青森ヒバを用いた、涅槃門。
4-KIMG2677.jpg
涅槃とは、煩悩を取り払った悟りの境地。消失前と同様の、豪華な飾り。
5-KIMG2679.jpg

6-KIMG2680.jpg
門をくぐると、瑞宝殿です。
7-KIMG2681.jpg

8-KIMG2689.jpg

9-KIMG2690.jpg

10-KIMG2694.jpg
米沢城に生まれた伊達政宗は、産業・経済・文化の振興をはかり、62万石に。70歳で亡くなる前に、瑞宝殿を造り、霊屋とするよう遺言したそうです。桃山文化の遺風、豪華絢爛な廟建築は昭和20年の戦災で焼失。その後、昭和54年に再建、平成13年に改築されたそうです。極彩色は創建時を再現したとあります。
13-KIMG2701.jpg

14-KIMG2702.jpg

15-KIMG2703.jpg
感仙殿には二代目が眠っています。新田開発、治水に取組み、産業・経済の振興に取組んだ、忠宗の墓所は、瑞宝殿と同様に国宝に指定されました。戦災により焼失、昭和60年に再建、平成19年に改修されました。
16-KIMG2704.jpg

17-KIMG2705.jpg

18-KIMG2706.jpg
善応殿には三代目が眠っています。
幼い頃から芸術的な才能に長けていた綱宗は、書画・蒔絵、水墨画などで高い評価を得ました。
19-KIMG2707.jpg

20-KIMG2709.jpg
残っていた紅葉もまもなく白い雪に覆われることでしょう。
20-KIMG2711.jpg

21-KIMG2715.jpg

22-KIMG2717.jpg
急階段を、行きには登ってきたのですね。
23-KIMG2718.jpg
伊達政宗といえば「独眼竜」の印象が強いですが、発掘された頭骨をもとに復元した容貌は、「塩顔」でした。その歌も書も素晴らしく、粋な文化人という印象が強くなりました。
25-KIMG2721バス停から
バス停から振り返ったところ。
この地はもともと「千代」といったそうです。千年といわず永遠に栄あれの願いを込めた政宗の和歌:
⇒入そめて くにゆたかなる みぎりとや 千代とかぎらじ せんだいのまつ

育てた樹で建てる

池袋から30分足らずのところ。
1-CIMG3825.jpg
羽仁吉一・もと子夫妻が女学校として創立した自由学園の校舎は、フランク・ロイド・ライトによって、目白に建てられました。現在は「明日(みょうにち)館」として公開されています。開校してすぐに共学の学校として、東久留米市に移ったそうです。
1-CIMG3835.jpg
こちらの建物は、自由学園の生徒たちが植林した木材で建てられた「みらいかん」です。
2-CIMG3827.jpg
ほぼ100% 檜造りとのこと。中を見せて戴きました。
3-CIMG3830.jpg

4-CIMG3831.jpg

5.jpg
普段は、未就学児と保護者、幼稚園の預かり保育、学童保育などに使われているそうですが、最近は45歳以上の大人の学びの場所にもなっているとか。
6-CIMG3877.jpg
緑の多い街です。
6-CIMG3846.jpg
羽仁夫妻は広大な土地を購入し、一部を住宅地として売却したお金で順次、校舎を建てていったそうです。住宅を購入された方たちは、夫妻の思想を理解し、学校を応援する気持ちを持った方たちや卒業生たちで、街が一体となって教育に取組んでいる印象を受けました。

昔の生徒たちが植えて育てた樹木で建てた建物にお孫さん世代が通う・・・歳月の重みを感じさせてくれる場所です。

レコード継続中

だいぶ前の記録です。
この週末も出張。職場から一旦帰省して、そこからまた・・行ってきまーす(^^♪
○1-KIMG2432

○2-KIMG2451

○3-KIMG2454

○4-KIMG2457
○4-KIMG2590

○5-KIMG2459

○6-KIMG2488
音を聴き分ける力を持つ蝸牛の入り口付近で、私たちは音をキャッチする。耳を研ぎ澄ませ一日をスタート!
想定外の
『想定外の人体解剖学』は面白そうです(^^♪

【追記】
ブログのお仲間が紹介されていた「食味チャート」を見つけました(^^♪
H27食味チャート
外食が続くこの頃。ご飯の甘みもさることながら、柔らかさの加減など、炊き方にこだわる自分に気づいたりして。






表情筋

猫背だとおでこをひっぱることができないから、表情筋がたるむ。
だから、顔がどんよりする!なのだそうです。

親指をギュッとすると、首の筋肉につながり、歯を食いしばることになります。小指は二の腕から肩甲骨につながるので、ものを小指から握ると二の腕に力が入るので、所作が綺麗になる。女子は、モノを握るとき小指から握ると綺麗に見えますよ~と。
朝のラジオはちょっとイイ話が聞けます。

顔の中心は、唇。
猫背にならないように(^^♪

*  *  *

来週末は都内で人間ドックの予定でしたが、諸事情でコース変更したら1月下旬になってしまいました。正月太りが元に戻っていればよいのだけれど。

*  *  *

先月スマホとwifi を買い換えました。
スマホ
ヨガスタジオのサイトがどうしても見られず、auの遠隔操作および店頭であれこれ試しても、買い換えるしかないと結論。それでも2万円分の商品券が頂けることになったので、8千円の負担だけで済みました。

普段はスマホを持たずに出勤しても、困ることがありません。でも、出張が多いとスマホの出番が増え、通信料が馬鹿になりません。そこで、敢えてwifi に接続して安く済ませることに成功。とはいうものの、買い換える必要があったのか疑問は残ります。



プロフィール

BUSYBEE-G

Author:BUSYBEE-G
好奇心にまかせて飛び回っています(^^♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR